暮らし

天神祭【2019年】花火大会の場所取りは何時間前から?おすすめは日暮れどき!


東京の「神田祭」、京都の「祇園祭」に続いて三大祭りのひとつに位置付けられているのが大阪の「天神祭」です。

たくさんの屋台が並び、天神祭と平行して別のユニークな祭りが執り行われ、大規模な花火大会で祭りが締められます。

見所がたくさんな天神祭なので、毎年全国各地から非常に多くの見物客が訪れます。

天神祭のメインイベントとも言える花火大会では、

「いい場所で見たい!」という一心で何時間も前から場所取りをする人もざらにいます。

ということで今回は、

2019年の天神祭の花火大会では何時間前から場所取りをするべきなのか?ご紹介したいと思います!

大阪在住の私がご説明しますね

天神祭って、どんなお祭り?

そもそも、天神祭ってどんなお祭りかご存じですか?

実は天神祭というのは、全国各地で毎月25日に執り行われている祭りのことを指します。

これは、祭神である菅原道真の命日にちなんだ縁日なのです。

毎年7月に大阪の大阪天満宮で行われるこれは、正式には「天満天神祭」と言います。

2019年天神祭の花火大会が行われる日程や時間は?

天神祭は毎年二日間に渡って執り行われるわけですが、メインイベントとも言える花火大会は二日目に行われます。

2019年は、7月25日に花火大会が行われます。

時間は、19時半頃から21時まで。

打ち上げられる花火の数は、約5,000発。

1時間半もダイナミックな花火を観ることができるなんて、すごいですよね!

花火大会当日、小雨くらいであれば花火大会は決行されますが、荒天の場合は残念ながら中止になってしまいます。

年に一度のお楽しみと思っている人も多いでしょうから、当日晴れることを神頼みしたいですね。

天神祭の花火大会は何時間前から場所取りすべき?

天神祭の花火大会には、毎年100万人を裕に超す観客が見に来ます。

そんななかで、会場付近のより良い場所で花火を見ようと思ったら数時間前からの場所取りは必要不可欠となります。

場所取りするのは早い時間からするに越したことはありませんが、

7月といえば昼間は炎天下になることもありますし真っ昼間からの場所取りは体力的にきついでしょう。

恐らく、そんな時間帯から場所取りをする人はなかなかいないと思いますので、日が暮れ始める16時頃からの場所取りでも十分間に合うと思います。

花火を見る場所によっては事前の場所取りが禁止されているところもありますから、それについては事前に確認をしておきましょうね。

天神祭【2019年】花火のよく見える場所!最寄り駅や穴場はどこ?

についてはこちらの記事で詳しくご紹介しているのでチェックしてみてください。

「天神祭【2019年】花火大会の場所取りは何時間前から?おすすめは日暮れどき!」まとめ

  1. 天神祭は菅原道真の命日にちなんだ縁日で、大阪の天神祭の正式名称は「天満天神祭」
  2. 2019年の天神祭花火大会は、7月25日19時半頃から行われる予定
  3. 天神祭の花火大会には毎年100万人以上の人が訪れるので、いい場所で花火を見たいなら場所取りは必至!
  4. 花火大会開始時間の3時間前から場所取りをすればそれなりにいい場所は取れる

私は毎年天神祭に行っているのですが、穴場なポイントや時間帯を工夫して花火をみています。

今年はもっと気合いを入れて場所取りをしてみようかな…?

とにかく真夏の炎天下で無理するほどではないと思うので特にお子さんがいる方は夕暮れどきから花火ポイントを抑えるよう意識してみてくださいね!

以上、「天神祭【2019年】花火大会の場所取りは何時間前から?おすすめは日暮れどき!」でした。

こちらもどうぞ

天神祭【2019年】花火のよく見える場所!最寄り駅や穴場はどこ?