注目人物

安倍総理の万歳三唱はデマで間違い?【意味】正しい万歳に韓国の反応は

引用元:https://blogos.com/article/412263/

10月22日の即位礼正殿の儀。安倍総理は国民を代表して、祝賀の挨拶を述べました。その最後に万歳三唱。テレビで御覧になった方も多いかと思います。

ここで話題になっているのが、安倍総理の万歳の仕方。一部では「安倍総理の万歳三唱は正しいやり方」と言われていますが、これがデマで間違いであるという説も。

一体どういうことなのでしょう。正しい万歳とはどのような万歳なのか、また、安倍総理の万歳を見た韓国の反応についてもこの記事で深掘りしていきたいと思います。

安倍総理の万歳三唱が話題に!

喜ばしいことが起きた時に、揃って「万歳!」とするのはお馴染みの光景。私もよくサッカー観戦に行くのですが、応援しているチームがゴールを決めると自然と万歳をしてしまいます。

手を広げ、高く天に向かって上げる。それが普通の万歳だと私は思っていました。

しかし、実は万歳にも正しいやり方があった?と話題になっているのです。その発端は、10月22日即位礼正殿の儀で見せた安倍総理の万歳。

引用元:引用元:https://blogos.com/article/412263/

実は安倍総理、手のひらを内側に向ける形で万歳をしているのです。そして、これが正しい万歳であるとTwitterなどで拡散されたのでした。

安倍総理の万歳三唱が正しい説はデマで間違い!

そもそも正しい万歳なんていうものは、どこで規定されているのでしょうか。これは、1990年代に出された「万歳三唱令」に端を発していると言われています。

その内容は、以下の通り。

  • 直立不動で両手は指をまっすぐ下方に伸ばし体の側面にしっかり付ける。
  • 万歳の発声とともに右足を半歩踏み出し、同時に両腕を垂直に高々と挙げる。 その際、両手の指をまっすぐに伸ばし両掌を内側に向けておく。
  • 万歳の発声終了と同時に素早く元の直立不動の姿勢に戻す。
  • 以上の動作を三度、節度を持ちかつ気迫を込めて行う。

「両掌を内側に」と明記されています。これが、安倍総理の万歳が正しいと言われている理由なのです。

しかし、この「万歳三唱令」という文書。実はこの文書が偽文書だったのです。

実際に、出回っていた当時、国会図書館が文書の正当性を公式に否定するという一幕もありました。

つまり、安倍総理の万歳が正しいと言われているのは、偽文書を根拠にしているものであり、その言説自体、デマで間違っているというわけです。

安倍総理が見せるべきだった正しい万歳は?

では、実際にどのような万歳が正しい万歳なのでしょうか。

結論、「どのような形でも問題がない」のだそうです。特に、万歳はかくあるべきという定めはありません。

そもそも、「万歳三唱令」はおふざけ半分、飲み会の席で酔った勢いから生まれたものであると言われています。その経緯は以下の通り。

1985年ころ、ゴルフコンペの打ち上げで公務員らがおふざけで「正しい萬歳三唱を普及する国民会議」を結成。

その話が盛り上がって、文書を作成。その文書が飲み屋などから拡散していったのだと言います。

正しいという言説に惑わされず、その出所がどこにあるのか、ということを確認することがとても大切だなと感じさせられますね。

嬉しいことがあった時には、アレコレ考えずに、勢いよく手を上にまっすぐあげてしまえばOKです。

しかし、一説によれば、手のひらを前向きにする万歳は「降参」の意味も込められているとか。まぁ、あまり考えすぎても仕方ないような気がします。

安倍総理の万歳三唱に韓国の反応は?

これまで憲法9条の改憲に大きく注力するなど、ともすれば「過去の戦争を正当化」しているとも見られかねない安倍総理。

その当人が「天皇陛下、万歳!」と声を張り上げたこと、また自衛隊による祝砲が発射されたことを見て、「まるで戦時下のよう」「日本軍を連想させる」と感じる人も多かったようです。

さて、「戦時下」を思わせると聞くと、自然発生的に注目されるのが、お隣韓国の反応ですね。今回も例に漏れず、しっかりと反応してくれたようです。

  • 「日本とは断絶せよ。それが答えだ」
  • 「反日扇動と受けた」
  • 「安倍は韓国への見せしめのために、万歳三唱をしたのだ」

などと、やはり日本を批判するコメントが散見。一方で、

  • 「お祝い事なんだから、万歳くらい普通では?」
  • 「他国が万歳しても、イチイチ噛みつかないでしょ」
  • 「万歳三唱の何がいけないのか?ケチ付ける方が疲れる」

といったようなマトモな意見も。日本人からすれば、あれこれ言わずに、新天皇の即位を祝ってくださいよ、という気分になりますよね。

まとめ

  1. 安倍総理が即位礼正殿の儀で見せた万歳の仕方が話題となっています。
  2. 万歳に正しいやり方があるわけではなく、どのような万歳でも問題がないようです。
  3. 天皇陛下への万歳三唱が、戦時下の日本を想起させると、韓国は反応を見せています。

万歳なんて、自然に出てしまうことが多いですから、正しいやり方なんて意識していても忘れてしまいますよね。私もサッカー観戦中、気づいたら手が上がってますから。

それに、スタジアム全員の万歳の手が横向きだったら、何だか気持ち悪い気がします。「正しい万歳説」がデマでほっと一安心、という感じです。

以上「安倍総理の万歳三唱はデマで間違い?【意味】正しい万歳に韓国の反応は」でした。