注目人物

AKS松村匠取締役は野猿のメンバー!?とんねるずの番組に出演していた過去も

NGT48のメンバー 山口真帆への暴行事件発覚により、世間を大変賑わせている運営管理会社のAKS。

先日、メンバーによる関与はなかったとの報告を残したAKSの松村匠取締役には、世間から批判的なコメントが多数寄せられています。

それまで表舞台には現れることのなかった松村匠取締役ですが、今回の騒動があったことで注目されるようになりました。

そこで一番の話題になっているのが、「昔とんねるずの番組に出ていた」ということ。

しかも、当時爆発的な人気を誇っていた「野猿」のメンバーだった?という噂もあります。

今はアイドルの裏方として動いている彼が、番組に出ていたとはどういうことなのでしょうか?

今回はそんな松村匠取締役について調べてみました!

松村匠取締役の過去の経歴は?

引用元:https://geitopi.com/

現在はAKBグループの運営管理を行う会社「株式会社AKS」で取締役と運営責任者という立場にある松村匠取締役。

しかし、この会社に勤めるまではフジテレビに勤めていたという経歴の持ち主だったのです。

元々はADとして数多くのテレビ番組に携わっていましたが、フジテレビを退職する直前までは「事業局企画部長」や「元編成制作局バラエティー制作センター副部長兼チーフプロデューサー」という重役を担っていたそうです。

彼が携わっていた番組は有名なものが多く、『笑っていいとも!』や『とんねるずのみなさんのおかです』、『はねるのトびら』でAD・ディレクター、プロデューサーをしていました。

その時代、時代を代表するバラエティ番組ばかりですね!

フジテレビに入社してから数年の間はADとして様々な番組を担当していた松村匠取締役。

1988年から1997年まで放送されていた『とんねるずのみなさんのおかげです』もそのひとつです。

ここでは、番組ADという立場でありながら番組に出演していたことも度々あり、とんねるずとの絡みにによりお茶の間を賑わせていました。

その後、同番組は終了し『とんねるずのみなさんのおかげでした』となって再び放送が始まり、

そこでは松村匠取締役は「AAP(アシスタントアシスタントプロデューサー)」という形で番組に携わっていました。

松村匠取締役は野猿のメンバー候補だった!

『とんねるずのみなさんのおかげでした』内で最も人気を博していたのが、この番組内で誕生した音楽ユニット「野猿」でした。

野猿のビデオクリップと歴史 ザ・グレイテスト・ヒッツ [DVD]

メンバーは、同番組で裏方を担当しているスタッフ9名にとんねるずのふたりを加えた11名から構成されていました。

約3年間の活動期間内でシングル曲を11曲発表しており、なんとそのすべてがトップ10入りをするほどの人気ぶり。

メンバーのほとんどが一般人でありながらここまでの人気があったとは・・・単純にすごいな、と思いますね。

番組にAAPとして携わっていた松村匠取締役も、実はメンバー結成前に候補として名前が挙がっていたそうなんです。

ところがメンバー決めのオーディションにあえなく落選し、人気グループの一員になることは叶いませんでした。

ここでもし野猿のメンバーになっていたら、もしかしたら今は「AKSの松村匠取締役」ではなかったかもしれないですね・・・!?

「AKS松村匠取締役は野猿のメンバー候補だった!?とんねるずの番組に出演していた過去も」まとめ

  1. 松村匠取締役は、元々はフジテレビの社員として多くの有名バラエティ番組に携わってきた
  2. 『とんねるずのみなさんのおかげです』では、ADという立場でありながら番組にも度々出演していた
  3. 『とんねるずのみなさんのおかげでした』で誕生した音楽ユニット「野猿」のメンバー候補にもなっていたが、オーディションに落ちてメンバー入りとはならなかった

今はAKSの取締役としてグループを統括する立場にある松村匠取締役。

以前は番組スタッフという立場でありながら表舞台にも登場していたということだったので、演者の気持ちも理解できるはず。

今回の騒動で松村匠取締役の対応についてのバッシングが多方面でありますが、もう少し運営としての在り方をよく考えてもらいたいものですね。

以上、「AKS松村匠取締役は野猿のメンバー候補だった!?とんねるずの番組に出演していた過去も」でした。

error: Content is protected !!