女優

綾瀬はるか きれいな肌の秘密判明!皮膚科やあの人も絶賛「食べ物じゃない」

引用元:https://concern-news.net/綾瀬はるかすっぴん真相美肌

 

スキンケア・化粧品ブランドとして知られている「SK-Ⅱ」のCMに出演している綾瀬はるか。

このCMに長年起用されていることが納得できる「きれいな肌」の持ち主であることで知られています。

また、2018年12月には女性誌『VOCE』で、読者が選ぶ「2018年最も美しい顔」に選出されました。

そこで気になるのが、綾瀬はるかのスキンケア方法について。

彼女のスキンケア方法は皮膚科医も認めるものばかりでした!肌と言えば食べ物が浮かびますが実は大事なのは「お手入れ」

綾瀬はるかのような美肌になりたいあなたも、これを読めば綾瀬はるかに近付けるかも!?

皮膚科医やあの医師も絶賛!綾瀬はるかの美肌

 

View this post on Instagram

 

綾瀬はるかさん(@ayaseharuka8625)がシェアした投稿

綾瀬はるかの肌のきれいさは、業界内外様々な人から認められ、絶賛されています。

例えば皮膚科医。

数々の美肌女優さんたちのなかでも特に肌がきれい!と、肌のプロが認めるくらいなのです。

また、芸人が提供する様々な説を検証する番組『水曜日のダウンタウン』では以前、

「芸能界一肌がきれいなのは綾瀬はるか説」というのを放送していました。

ここで多くのプロのメイクさんたちが綾瀬はるかの美肌を絶賛していたのです。

プロのメイクさんといえば実際に多くの芸能人の肌を間近で見てきている人たちなので、彼女たちが認めていると言われればもはや納得せざるを得ませんよね。

更には整形外科界の重鎮、高須クリニックの高須院長も綾瀬はるかを「ズバリ整形していない美人!」と絶賛するほど。

そこまで言われると益々、誰もが認める美肌の持ち主である綾瀬はるかのスキンケア方法が気になります。

綾瀬はるかが実践しているスキンケア①洗顔は水のみ!

綾瀬はるかの一日は、洗顔をすることから始まります。

あなたは毎日の洗顔をどのように行っていますか?

恐らく、洗顔料を使うという人が大半ではないかと思います。

しかし、綾瀬はるかの場合は洗顔料を使わず水のみで洗顔しているというのです。

この方法は女優さんたちの間では実践している人も多いんだとか。

洗顔料を使ってごしごしと洗顔することは、必要最低限の脂分も落としてしまうことになり、炎症を起こしたり吹き出物が出やすくなってしまったりと逆効果にもなり得るんだそうですよ。

あなたも明日から朝の洗顔時は水のみの洗顔を実践されてみてはどうでしょう?

綾瀬はるかが実践しているスキンケア②化粧水たっぷり使っての保湿

毎晩お風呂上がりなどに保湿ケアを習慣的に行っているという人は少なくないと思われます。

しかし、毎日のことだからついつい化粧水をケチケチと使ってしまいがちになりませんか?

綾瀬はるかに言わせれば、それはありえないこと!

保湿ケアする際は化粧水を贅沢にたっぷり使うのが綾瀬はるか流なんだとか。

たっぷりの化粧水を肌にパッティングした後、これまたたっぷりの化粧水を含んだコットンでパックをします。

時間にすると約10分。

もっとたくさんの手順を踏んで保湿ケアをしているのかと思えば、意外とシンプル。

これなら私たちでも続けられそうじゃありませんか?

綾瀬はるかが実践しているスキンケア③どんなときでも日焼け対策を怠らない!

綾瀬はるかといえば、その透き通るような白い肌が特徴的。

多くの女優さんが日々の日焼け対策を入念に行っているんだと思いますが、綾瀬はるかの場合その徹底ぶりがすごいんです。

なんと、部屋の中にいるときでもばっちり日焼け対策をしているんだとか。

しかも、それは真夏に限らず冬でも同じ。

たしかに、室内にいても窓から紫外線は入ってくるって言いますからね。

とはいえ、この徹底ぶりには頭が上がりませんね。

綾瀬はるかの美肌の秘密はコレ!皮膚科も大絶賛まとめ

  1. 綾瀬はるかの美肌は皮膚科医やプロのメイクさん、高須院長までもが絶賛していた
  2. 綾瀬はるかの美肌は、水のみの洗顔や贅沢な保湿ケア、徹底した日焼け対策で保たれていた!
  3. 綾瀬はるかは食べ物に気を使う前に洗顔と手入れに力を入れている

誰もが認める美肌の持ち主、綾瀬はるか。

綾瀬はるかのCM「SK-Ⅱ」を使えば効果絶大なんだろうな・・なんて思えちゃいますよね!

水洗顔はすぐにでも試せそうなので実はわたしも実践中。

彼女が日々行っているスキンケア方法はどれもシンプルなものですし、今日から早速取り入れてはどうでしょう。

以上、「 綾瀬はるかの美肌の秘密判明!皮膚科医やプロメイク、あの人も大絶賛」でした。