女優

『ドクターx 』ナース役の今田美桜が可愛い!ドラマの人気理由はなぜ!?

引用元:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12160-438419/

10月17日にスタートした新ドラマ『ドクターX~外科医大門未知子~』。初回視聴率は20.3%と、絶好のスタートを飾っています。

この作品で大きな話題を集めているのが、ナース役を務める今田美桜。その姿が「可愛い!」と言われています。

この記事では、今田美桜ナースの可愛さやドラマの人気理由について、迫っていこうと思います。

『ドクターX』ナース役の今田美桜が可愛い!

引用元:https://mainichi.jp/articles/20191018/dyo/00m/200/049000c

見てください。この姿を。あまりにも可愛すぎますね。

『ドクターX』で看護師・大間正子役を務めるのは、人気女優の今田美桜。劇中では、真面目過ぎる働きぷりを見せ、時代の潮流である「働き方改革」に逆行するような役を演じています。

今田美桜自身は福岡県の出身なのですが、『ドクターX』での役の設定は、青森県出身。青森の実家に仕送りをすべく、他の病院でもバイトをして収入を得るという一面もありました。

青森出身の役柄と言うことで、感情が高ぶった際にはついつい津軽弁が出てしまうという演技も披露。そのぎこちなさに「やられた!」と感じる視聴者も多くいたようです。

方言と言えば、水曜10時放送の『同期のサクラ』で高畑充希の読み上げる新潟弁も話題になっていますね。

個人的な意見ですが、女子は方言を喋るだけでその魅力が何割か増しますよね。私は仕事柄、地方銀行の方などと電話でお話をすることもよくあるのですが、女性職員が微妙なイントネーションで喋ってくると、内容が頭に入ってきません(笑)

普段慣れない言葉遣いをすることは、脳の刺激にもなりますし、役者として成長するためのきっかけにもなります。若干、今田美桜の津軽弁に対しては、批判的なコメントもありましたが、少しずつ上達できるように頑張ってほしいですね。

『ドクターX』ドラマの人気理由はなぜ!?

初回の放送で20.3%という高視聴率を記録した『ドクターX』。その人気の理由は一体どこにあるのでしょうか。

『ドクターX』の主人公・大門未知子(米倉涼子)は、敏腕医師でありながら、特定の病院に属さない、いわばフリーランス医師を演じています。

このフリーランスという働き方、数年前までは「不安定」というネガティブな見方が多かったのですが、実は最近主流となってきているのですね。それは、誰もが知る大企業がこぞって社員の早期離職を敢行するようになってきたことが大きな理由でしょう。

もはや、大企業で一生安泰という時代ではありません。そんな時代だからこそ、「フリーランス」という生き方、つまり組織に頼らず自分の力で稼いでいくということが大切なのです。

実際、フリーランスで働く人も増えてきているということがあって、『ドクターX』が人気を博しているのだと考えられています。

医療現場でも、『ドクターX』の第1シリーズが放送された2012年以降、フリーランス医師が増えているようです。単純に、収入は青天井になりますからね。

若者はお金に苦労する時代と言われているからこそ、「稼げる働き方」であるフリーランスへの憧れもあり、『ドクターX』は人気ドラマとなっています。

まとめ

  1. 10月17日に放送を開始した『ドクターX』でナースを演じる今田美桜が可愛いと話題になっています。
  2. 初回視聴率20.3%を記録した『ドクターX』。米倉涼子演じる大門未知子のフリーランス医師という働き方に共感する人が多くいることが人気の理由と考えられています。

ニュースの見出しでは「今田美桜がかわいい!」等、ポジティブな感じでしたが、実際にコメントやSNSでの反応を見てみると、ネガティブ意見も多くありました。

ただ、人気ドラマだけに今田美桜も自然と見られる頻度も高くなるはず。ドラマの中で成長しながら、批判の声を賛同の声に変えていってほしいですね。

以上「『ドクターx 』ナース役の今田美桜が可愛い!ドラマの人気理由はなぜ!?」でした。