お笑い

イグジット兼近の過去に逮捕歴あり!前科報道でりんたろー。の元相方にも注目が!

引用元:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12252-373728/

最近人気沸騰中のお笑いコンビイグジット(EXIT)。名が知れたからこそなのか、イグジットの兼近に「文春砲」が放たれました。

しかし、それは現在の不貞ではなく、過去に逮捕され、前科があったという内容。芸能人が奈落の底に落とされる文春砲とは、若干意味合いの異なるものです。また、兼近とともにイグジットを結成するりんたろー。は、過去にもお笑いコンビを結成していたのですが、なんとその元相方にも逮捕歴があるのです。

この記事では、イグジット兼近逮捕された理由や、りんたろー。の元相方の逮捕の真相について迫っていきたいと思います。

イグジット兼近は逮捕歴あり

2019年9月5日発売の週刊文春で、人気お笑いコンビ・イグジットの兼近大樹が過去に逮捕され前科があるとの記事が掲載されました。

記事によれば、兼近は2011年11月に女子高生の売春を斡旋しており、それが売春防止法違反に問われ、北海道警察の厚別署に逮捕されたというものです。これに対して、兼近自身は自身のツイッターで以下のように述べています。

簡単に言えば、本人も過去の逮捕の事実について認め、自らの過去としっかり向き合うということを宣言しています。つまり、今回の報道は事実であるという訳です。

記事には「『やっと話せる』『すべてをさらけ出してほしい』」というようなコメントもあったそうです。本人としても、隠し事をしているというプレッシャーを感じながら、お笑い活動を続けていたのでしょう。また、この事実に対して文春から取材を受けた際に、逃げも隠れもせず真摯に対応をしたということも伺えます。

人気上昇の最中の報道で、ダメージを負う心配もありますが、本人の対応としては満点に近いのではと感じます。ツイッターのリプ欄では、厳しい意見も見られますが、逆に応援するコメントもあり、この件を引きずらず、しかし忘れず、これからもファンのために笑いを届けてほしいところです。

りんたろー。の元相方にも逮捕歴あり!?

この一件で、兼近と2人でイグジットを結成している相方のりんたろー。にも大きな注目が集まっています。それは、りんたろー。の元相方にも逮捕歴があるためで、「りんたろー。は悪運が強すぎる!」なんていう声が多く上がっているのです。

そもそもイグジットは、2017年12月に結成されたばかりの新しいお笑いコンビです。それ以前は、りんたろー。は『ベイビーギャング』というコンビを北島寛明と結成していました。

その北島寛明ですが、2016年に無免許運転で逮捕され、懲役4か月の実刑判決を受けました。そしてそのまま『ベイビーギャング』は解散。りんたろー。がピン芸人として活動していた最中、兼近が声をかけ、チャラ男コンビというスタイルが売りのイグジットが結成されたのです。

りんたろー。は前科持ちを引き寄せる何かがあるのでしょうか。しかし、兼近とのコンビ結成に際しては、おそらく逮捕歴については知らされていたでしょう。『ベイビーギャング』の解散原因が相方の逮捕だっただけに、腰は重かったかと思いますが、それでも兼近とコンビを結成したのは、ほかに魅力を感じる何かがあったからに違いありません。

人気絶頂の最中、少し壁にぶつかってしまったような状況ですが、2人の力で乗り越えてほしいですね。

→EXITりんたろーの過去の不祥事とは?!「刺青タトゥーだらけでいつも長袖」の真相は紫外線アレルギー

まとめ

この記事では、人気お笑いコンビ・イグジットの兼近大樹の逮捕報道について、以下のようにまとめました。

  1. 2019年9月5日の週刊文春で、過去に未成年の売春斡旋により兼近大樹が逮捕され前科持ちだったという記事が掲載されました。
  2. 兼近大樹の相方・りんたろー。は、イグジット結成前の『ベイビーギャング』の相方北島寛明にも逮捕歴があるため、「前科持ちを引き寄せる(?)」として注目を集めています。

兼近本人も十分に反省したうえで、今現在活動していることが十分に伝わってくる記事とツイートです。どうしても、マイナスなイメージがついてしまうところでしょうが、失敗は誰にでもあるもので、そこから乗り越えようと頑張っている兼近大樹を、私は応援したいと感じました。

逃げるのは簡単ですが、決してそのような姿勢をとらなかった兼近大樹には、一人の男としての覚悟も感じられる部分はあるのではないでしょうか。

以上、「イグジット兼近の過去に逮捕歴あり!前科報道でりんたろー。の元相方にも注目が!」でした。