俳優

藤原竜也のモノマネのセリフ【動画】コツを紹介!芸人でも一般人でもすぐできる!

引用元:https://atmatome.jp/u/rameka/3ytjazs/?page=2

『デスノート』などで主演を務めた実績のあるイケメン俳優藤原竜也。声や話し方になんとなく特徴があるからか、モノマネされる機会も割と多くあります。

調べてみると、藤原竜也のモノマネをする芸人は結構多いんですよね!モノマネは本人にとっては苦痛ですが、周囲では結構盛り上がるもの。コツさえ掴めば芸人さんばりのモノマネを一般人も披露できるかも?

ということで、この記事では、藤原竜也のモノマネをする芸人やそのコツについてついて迫っていきたいと思います!

藤原竜也のモノマネをする芸人

これまで数々のテレビ番組で、藤原竜也のモノマネをする芸人がいました。その中で、割と名が知れている(?)5人の芸人を紹介します。

  • ガーリィレコード高井
  • Gたかし
  • ペレ草田
  • NOモーション矢野
  • 乙島山

この5名は、ライバル関係にあるのかと思いきや、「藤原竜也軍団」というのを結成して、同業者として仲良くやっているようです。

引用元:https://will-kishin.com/10488/

この写真を見る限り、なんだか怖いですね・・・(笑)藤原竜也自身はどのように思っているのでしょうか。

基本的にモノマネって、誇張気味で小ばかにしたものが多いですよね。そう考えると、藤原竜也も良い気持ちではないのかな、と感じます。

小学校時代もいましたよね。やたら真似してくるヤツ。ああいうのってちょっとイラっとしますよね(笑)

藤原竜也がモノマネにブチ切れ!理由は余計なセリフを付け足したから?

かつて日本テレビのバラエティ番組「行列のできる法律相談所」に出演した時のこと。モノマネ芸人の一人であるGたかしが、藤原竜也の目の前でモノマネを披露しました。

Gたかしを見る藤原竜也の表情は、なんとも爆発しそうな様子が・・・。最後は震え声気味に「素晴らしかったです」と答えていますが、内心穏やかではなかったのでしょうか。

Gたかしは「馬鹿にする意図はない」というような発言をしていますが、まぁモノマネをするんだから馬鹿にはしていますよね。さらに、実際には藤原竜也が発していないとされる余計なセリフも付けたされていたということで、その誇張が藤原竜也をキレさせた面もあるかもしれません。

とはいえ、東野幸治や宮迫博之など、周囲のベテラン芸人たちの煽りもあってのこと。藤原竜也もなんとなく笑いをこらえているようにも感じますので、実際には全くキレていないのかもしれません。実力十分の役者さんですし、テレビ的に面白い方向に持って行くための演技だったという可能性も十分考えられます。

藤原竜也も公認のモノマネ芸人!【動画あり】

数ある藤原竜也モノマネ芸人の中で、本人も唯一公認しているとされる芸人がいます。それが、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のガーリィレコード高井。

引用元:https://sakidoritsu-sin.com/2018/01/25/ga-rirekodo-hujiwaratatuya-kaiji/

藤原竜也本人に首を絞められていますし、これは公認で間違いないですね(笑)

そのガーリィレコード高井の実際のモノマネがYouTubeに公開されているので紹介しましょう。

これは完全に「このようなシチュエーションがあったとしたら」というモノマネですので、正解VTRはありませんが、イメージはすごく伝わってきますよね。

彼は、藤原竜也モノマネでYouTube動画をたくさんアップしており、チャンネル登録者数は何と58万人以上!!多分、YouTubeでめちゃめちゃ稼いでいますね。羨ましい・・・。

ほかにもたくさんのモノマネ動画をアップしていますので、是非確認してみてください。きっと笑っちゃうはずです。

→藤原竜也の絶叫芸がすごい!声ガラガラな理由は?モノマネが似すぎなガーリーレコードチャンネルが人気!

藤原竜也のモノマネのコツ

みなさんも、もしかしたら会社の飲み会とかで「何かモノマネをやれ」なんていう時があるかもしれません。そこで無茶ぶりにうまく対応できると、会社内での評価は一気に上がりますし、逆に対応できないと、ダメなヤツ認定を食らうかもしれません。

そんなときに備えて、藤原竜也のモノマネのコツを簡単に抑えておきましょう!

そのコツとは、ズバリ「大きな声を出すこと」です。

どうせ真似をするなら、やはり藤原竜也の印象的なシーンをやりたいですよね。藤原竜也が迫真の演技をしている時、大体が大声のシーンです。ですから、恥ずかしがらずにまずは大声を出すということを、1つ目のコツと捉えてください。

加えて、「1文字1文字に濁点がつくイメージで喋る」ということもあります。たとえば「ありがとう」ならば「あ”り”が”と”う”」みたいな。元々濁点がついている「が」に濁点つけるというのは何か変なイメージですが、実際にやってみると意外に簡単にできます。

大声で叫ぶと自然に声が割れて、濁点がついているっぽくなりますので、やはり大きな声で藤原竜也のモノマネをするということが大切なポイントになります。

最も、今のご時世ですから、「モノマネをやれ」なんていう発言はパワハラとして捉えられ、問題となることもあります。だから職場の飲み会とかではあんまりないかもしれませんが・・・。それでも、武器として持っておくことは悪くありません。

まとめ

この記事では、藤原竜也のモノマネについて取り上げ、以下のようにまとめました。

  1. 藤原竜也のモノマネをする芸人は、5人ほどいて、真似をしやすい特徴のある俳優であると言えます。
  2. かつて「行列のできる法律相談所」に出演し、Gたかしのモノマネを間近で見た際、藤原竜也がブチギレそうになっていると話題になったことがありました。
  3. 藤原竜也はガーリィレコード高井を唯一公認のモノマネ芸人としています。
  4. 藤原竜也のモノマネのコツは「大声を出し、すべての文字に濁点をつけること」です。

私は自分のモノマネをされるのが嫌いなので、すぐムッとしてしまうのですが、有名になった以上、色んな人からマネをされる運命にある有名人の方々は大変だろうなと感じます。それこそ、藤原竜也のようにキレたくなる気持ちも分かります。

しかし、そういったモノマネ勢力もうまく取り込むと、自分自身のさらなる宣伝効果にもつながるのではないかな、と感じています。だから、もしかしたら有名人とモノマネ芸人は上手に付き合っていく方がお得なのかもしれないですね!これはちょっとビジネス的視点です。

以上、「藤原竜也のモノマネのセリフ【動画】コツを紹介!芸人でも一般人でもすぐできる!」でした。