暮らし

「Go Toキャンペーン」とは?期間はいつからいつまで?賛否の声

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200714-00010003-huffpost-soci.view-000

消費を促すためとして実施される予定の「Go Toキャンペーン」。

このキャンペーンの最大の魅力として旅行が最大半額で行ける!といわれています。

「Go Toキャンペーン」とはそもそも何なのか?いつからなのか?と注目されています。

そこで今回は、「Go Toキャンペーン」について詳しく調べましたので、ぜひご覧ください。

  • 「Go Toキャンペーン」とは?期間はいつから?
  • 「Go Toキャンペーン」の期間はいつまで?
  • 「Go Toキャンペーン」に賛否の声

「Go Toキャンペーン」とは?期間はいつから?

引用元:https://www.smartmagazine.jp/howto/article/cost/35168/

「Go Toキャペーン」とは、割引・クーポンを発行し地域の活性化を目指しているキャンペーンです。

コロナウイルスによって景気が悪くなっていますね。

旅行業界ではダイレクトに影響を受け、赤字となっているところが非常に多いです。

そこで打ち出されたのが「Go Toキャンペーン」となっています。

期間は、いつからか?というと、2020年7月22日からとなっています。

「Go Toキャンペーン」には種類があった!

「Go Toキャンペーン」には大きく分けて4つの種類があります。

  • 「最大半額で」旅行

(国内旅行のみだが、日帰りでも宿泊でも良い)最大で1人1泊あたり2万円分、日帰りは1万円分の割引やクーポン

  • 飲食店などで使えるポイント・食事券

オンラインでの予約や来店により、最大1人あたり1000円分のポイントを付与

  • イベントへの参加で割引・クーポン

チケット会社経由のみでチケットの購入をすると、2割程度の割引やクーポン

  • 商店街などでのイベント開催など

観光商品開発等の実施となっている

と、大きく分けて4つのキャペーンが計画されています。

「Go Toキャンペーン」ガイドラインとは?

「Go Toキャンペーン」がはじまるにあたりガイドラインというものが策定されています。

もちろん現在でも、ガイドラインに沿って営業をしている所は多くありますね。

ガイドラインには

  • マスク着用
  • ソーシャルディスタンス
  • 密を避ける

など、新しい生活様式に似ている内容となっています。

また、飲食店でも細かく策定されており、

  • 宴会場などは参加人数を制限する
  • 間隔を確保する

など決められています。

「Go Toキャンペーン」の期間はいつまで?

「Go Toキャンペーン」の期間はいつまでか?というと、未定となっています。

「Go To キャンペーン」の終了日が決まっていないことで、様々な憶測も飛んでいます。

予約を早めにしたとしても、キャンペーンが終了した後に旅行などに行った場合は、対象外となってしまう可能性があります。

現在、東京では再びコロナの感染者数が増えていますね。

第二波かどうかは、後々にならなければ分かりません。

収束はおろか、再び増えている頃な感染者がいるのにも関わらず、行き来を自由にして良いのか?と思う人は多いです。

「Go Toキャンペーン」に賛否の声

「Go Toキャンペーン」に賛否の声があります。

賛成の声反対の声
どこかで線引きをしなければ倒産する会社が増える今キャンペーンをやる必要はないのでは?
自粛をし続けてもストレスが溜まるだけ九州の人は豪雨で困っているのに?反対。
コロナと共存するためには、予防しつつ出歩くしかないのでは?これでコロナが増えて医療崩壊になったらどうするのか

などの意見が多いです。

コロナ感染拡大防止・経済活性化とどちらも大事な問題です。

確かに、経済活性化は必須となりますが、今やる必要はあるのか?もう少し感染が落ち着いてからでも良いのでは?と個人的には思います。

まとめ

  1. 「Go Toキャンペーン」とは、経済の活性化を目的として打ち出されたキャンペーンである
  2. 「Go Toキャンペーン」の期間はいつからかというと7月22日から、いつまでかは未定となっている
  3. 「Go Toキャンペーン」には賛否の声が出ている

「Go Toキャンペーン」自体はとても良いキャンペーンだと思います。

ですが、今ではなくもう少し先に実施するべきなのではないでしょうか。

ワクチンや予防接種が出来るようになってから、大々的に始める方が安心感を生むような気もします。

以上、「Go Toキャンペーン」とは?期間はいつからいつまで?賛否の声でした。

error: Content is protected !!