イベント

ハロウィンジャンボ宝くじの確率が凄い!いつまで買える?買い方もチェック

「宝くじで1発当てる!」というのは、多くの人が一度は夢に見たことがあるのではないでしょうか。

宝くじにはいろんな種類があるのでどれを購入しようか迷いますが、有名なものとして「ジャンボ宝くじ」がありますよね。

その中でも、注目してほしいのが「ハロウィンジャンボ宝くじ」なんです!

実は、ハロウィンジャンボ宝くじの確率が凄いとか…

そこで今回は、ハロウィンジャンボ宝くじの確率や発売時期、買い方などをチェックしてみようと思います。

今年こそハロウィンジャンボ宝くじを買って、夢を当てましょう!

ハロウィンジャンボ宝くじの確率が凄い!

ジャンボ宝くじは、年に5回発売・抽選されます。

  1. 2~3月頃「バレンタインジャンボ宝くじ」
  2. 4~5月頃「ドリームジャンボ宝くじ」
  3. 7~8月頃「サマージャンボ宝くじ」
  4. 9~10月頃「ハロウィンジャンボ宝くじ」
  5. 11~12月頃「年末ジャンボ宝くじ」

ハロウィンジャンボ宝くじは元々「オータムジャンボ宝くじ」と呼ばれていて、ここ数年で「ハロウィンジャンボ宝くじ」と名称を変えました。

2019年の発売総額は、240億円・8ユニット(1ユニット1,000万枚)です。

次に、気になる当選金や本数などをチェックしてみましょう。

  • 1等「3億円」8本 
  • 1等の前後賞「1億円」16本
  • 1等の組違い賞「10万円」792本
  • 2等「500万円」16本
  • 3等「100万円」800本
  • 4等「10万円」1.6万本
  • 5等「3,000円」80万本
  • 6等「300円」800万本

2019年のハロウィンジャンボ宝くじの賞金総額は、113億5,920万円です。

発行枚数8,000万枚すべて買った場合の総額は240億円となるので、1枚当たりの期待値は141.99円となります。

この数値は、「ドリームジャンボの149.99円」「年末ジャンボの147.495円」「バレンタインジャンボの143.99円」に次ぐ4番目の数字です。

期待値だけ見てしまうと、「ハロウィンジャンボ宝くじは買っても損するだけ」と思ってしまいますが…

注目してほしいのは、発行枚数なんです!

ドリームジャンボの発行枚数は1億3000万枚、年末ジャンボは4億6000万枚、バレンタインジャンボは1億2000万枚、サマージャンボが2億万枚なんです。

ハロウィンジャンボの発行枚数は、8,000万枚でしたよね。

そうなんです!発行枚数が圧倒的に少ないんです!

ということは、買える人が限られてくので、当選する人も当然限られてきます。

なので、ハロウィンジャンボを買うことができれば、他のジャンボ宝くじより当選くじを持っている可能性は高いと言えます!

このことが、ハロウィンジャンボ宝くじの確率が凄いと言われている理由ではないでしょうか。

ハロウィンジャンボ宝くじの買い方をチェック!

いつまで買える?

ハロウィンジャンボ宝くじの発売期間や買い方について見ていきましょう。

  • 発売期間:2019年9月24日~2019年10月18日
  • 抽選日:2019年10月30日

「ハロウィンジャンボ」という名前なので、10月31日のハロウィンまで買えると思っている人は注意してください。

ハロウィンジャンボ宝くじを買えるのは、2019年10月18日までですよ!

せっかく宝くじを買うなら縁起のいい日に買いたいですよね。

宝くじを買うのにピッタリなのは、「大安」と「一粒万倍日」「寅の日」です。

  • 9月26日(木) 大安、寅の日
  • 9月27日(金) 一粒万倍日(赤口)
  • 10月1日(火) 大安
  • 10月2日(水) 一粒万倍日(赤口)
  • 10月7日(月) 大安
  • 10月8日(火) 寅の日
  • 10月12日(土) 一粒万倍日(仏滅)
  • 10月13日(日) 大安
  • 10月15日(火) 一粒万倍日(先勝)

唯一、縁起の良い日が重なっているのが9月26日(木)ですね。できればこの日に買いましょう!

どこで買える?

ハロウィンジャンボ宝くじは、「宝くじ売り場」と「宝くじ公式サイト」で買えます。

「宝くじ売り場」では、営業時間内に売り場にいる人から買います。

「宝くじ公式サイト」では、年中24時間いつでも買うことができます。

購入には会員情報やクレジットカード情報、当選金の受取口座情報を登録する必要があります。

「連番」「バラ」ってなに?

「連番」は、1セット10枚単位で購入できます。組と番号の上から5ケタ目までが同一の番号で、下1ケタを0~9で揃えた購入方法です。

「バラ」は、1セット10枚単位で購入できます。連続していない番号で、下1ケタを0~9で揃えた購入方法です。

この「連番」「バラ」について知っている人は多いと思いますが、「福連100」「福バラ100」「3連バラ」という購入方法は知っていますか?

2019年から始まった、ジャンボ宝くじだけで選べる新しい購入方法なんです。

「福連100」は、1セット100枚単位で購入できます。なので、3万円からの購入になります。

組は10種類で、各組の番号の下2ケタを00~99で揃えた購入方法です。1等・前後賞と下2ケタの当選を期待できます。

「福バラ」は、1セット100枚単位で購入できます。3万円からの購入です。

組は100種類で、各組の番号の下2ケタを00~99で揃えた購入方法です。

「3連バラ」は、1セット30枚単位で購入できます。9,000円からの購入になります。

バラ10枚のそれぞれの組・番号が3枚連続となる購入方法です。

多く買う予定の人は、新しい購入方法を試してみてはいかがですか?

ハロウィンジャンボミニも!

ハロウィンジャンボミニは、ハロウィンジャンボ宝くじと同じ日程で発売されます。

2019年の発売総額は、120億円・4ユニット(1ユニット1,000万枚)です。

次に、気になる当選金や本数をチェックしてみましょう。

  • 1等「2,000万円」16本
  • 1等の前後賞「500万円」32本
  • 2等「100万円」800本
  • 3等「10万円」1.6万本
  • 4等「1万円」4万本
  • 5等「3,000円」40万本
  • 6等「300円」400万本

ハロウィンジャンボミニの期待値は141円で、ハロウィンジャンボよりも少し下回っています。

でも、発行枚数が4,000万枚なので、「小さい額でいいから当てたい」という人はミニの方がいいかもしれませんね。

ハロウィンジャンボ宝くじの確率が凄い!いつまで買える?買い方もチェック!まとめ

  1. ジャンボ宝くじは年に5回発売・抽選され、ハロウィンジャンボ宝くじは9~10月
  2. ハロウィンジャンボの1枚当たりの期待値は141.99円
  3. 期待値だけ見るとあまり魅力はない
  4. でも、発行枚数が8000万枚と圧倒的に少ない
  5. 他のジャンボ宝くじより当選くじを持っている可能性は高い
  6. 発売期間:2019年9月24日~2019年10月18日
  7. 縁起の良い日が重なっているのが9月26日(木)だけ
  8. 抽選日:2019年10月30日
  9. ハロウィンジャンボ宝くじは、「宝くじ売り場」と「宝くじ公式サイト」で買える
  10. 「福連100」「福バラ100」「3連バラ」という新しい購入方法もおすすめ
  11. ハロウィンジャンボミニは、発行枚数が4,000万枚なのでおすすめ

ジャンボ宝くじの発行枚数について、あまり気にしないで購入していましたが、ハロウィンジャンボ宝くじの少なさにはビックリですね。

同じ10枚を買うなら、2億万枚のうちの10枚より、8000万枚のうちの10枚の方が当たりそうですよね。

枚数が少ない分、売り切れになることもあるかもしれないので、9月26日に購入しましょう!

仕事で売り場に行けない人は、帰宅してからネットでゆっくり購入してみてください。

以上、「ハロウィンジャンボ宝くじの確率が凄い!いつまで買える?買い方もチェック」でした。