事件

新天皇即位 一般参賀の場所や時間!予定変更で激混み必須?天皇は不参加

引用元:https://www.sejp.net/archives/1648

平成の時代も、残すところわずか。

平成に生まれ、この時代を生きてきた私にとってはとても思い入れのある時代となりました。

そして、新元号の発表まで残すところ1カ月を切り、新元号は何になるのか?という話題で世間は持ちきりです。

2019年5月1日から新天皇が即位し新しい時代が始まるということで、一般参賀を行うことが検討されているそうなんです。

今回は新天皇即位後に行われる予定の一般参賀について、開催される場所時間についてご紹介していきたいと思います!

「一般参賀」とは?

そもそも「一般参賀」とはなにか、ということからご紹介していきたいと思います。

一般参賀は、基本的に毎年年明け1月2日と天皇誕生日に行われる皇室行事です。

皇居のベランダに天皇や皇族たちが並び、天皇が「おことば」を述べるというものです。

普段我々から遠いところにいる存在である天皇や皇族を、少し近くに感じられるような機会になるのではないでしょうか。

一般参賀に集まる国民は毎回多く、開門まで数時間並んで待つという人もざらにいます。

訪れた国民みんなに天皇からの「おことば」を聞いてもらえるようにと、5回入れ替えて行われるのです。

ちなみに、平成31年の新年一般参賀の参賀者数はこの31年間で最も多く、154,800人でした!

新天皇即位による一般参賀の場所や時間は?

一般参賀が新年や天皇誕生日に行われるということから分かるように、めでたいことがあるときに行われます。

2019年5月1日には新天皇が即位、新しい時代の幕開けということでこれは非常にめでたいこと!

よって、新天皇即位による一般参賀が開催されることになりました。

このときの一般参賀も、今までと同じく皇居のベランダから行われる予定になっており、気になる開催日時は5月4日と発表されています。

例年の一般参賀は5回行われ、9時半~14時頃までに入門しなければならないとされています。

新天皇即位ということで、例年の一般参賀よりも参賀者数はかなり多くなることが予想され、

場合によっては参賀の回数も5回以上になるかもしれませんが、

入門時間は9時半~14時頃というのを目安として考えておいた方がいいかもしれないですね!

このときの一般参賀には、新天皇と新皇后になる雅子さま、更に皇嗣となる秋篠宮さま、紀子さまがご出席されることになっています。

現在の天皇と皇后(後の上皇、上皇后)は出席されないことになっているようです。

元々新天皇即位の一般参賀は10月26日に行われる予定だった!?

5月4日に開催されることが決まった一般参賀ですが、元々は10月26日に行われる予定だったのだとか。

「新天皇即位は5月なのに、なんで10月?」と思われた方も多いかもしれませんね。

新天皇が即位するのは5月1日なのですが、即位したことを示す「即位礼正殿の儀」というものが10月22日に行われます。

よって、当初一般参賀はそのあとに開催することになっていたそうなのですが、

即位後すぐにした方が良いという意見が多かったことから5月4日に開催される運びとなったのでした。

新天皇即位 一般参賀まとめ

  1. 新天皇即位による一般参賀が、5月4日に皇居のベランダで開催されることが決まった
  2. 恐らく入門時間は例年通り9時半~14時頃まで、と予想される
  3. 元々は「即位礼正殿の儀」が行われた後の10月26日に開催することが検討されていた新天皇即位後の新しい時代、どのような時代になるのかとても楽しみです。

新天皇即位の一般参賀は10連休中ということもあり、例年行われている一般参賀よりも多くの人が参賀に訪れる可能性が考えられます。

新天皇即位の一般参賀に行ける機会なんてもう無いかもしれないので、この機会に行かれてみてはどうでしょう!?

詳細な場所や時間に関しては日が近付いてくると正式に発表となりますので、情報をお待ちくださいね!

以上、「新天皇即位、目前!一般参賀はいつどこで、どのようにして行われるのか?場所や時間をご紹介」でした。