注目人物

悠仁様の机に包丁の犯人は誰?犯人は防犯カメラ画像ですでに特定されている?

引用元:https://rondan.net/21077

秋篠宮家の長男、悠仁様が通学する「お茶の水女子大学付属中学校」で、

4月26日悠仁様の教室の机に包丁2本が置かれていたという報道がありました。

捜査関係者の話によると、学校内の防犯カメラに不審な男が映っていたようです。

今回は、事件の詳細や、悠仁様の机に包丁を置いた犯人のカメラ画像についてまとめていきます。

事件の詳細

秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁様が通われるお茶の水女子大学付属中学校(東京都文京区)で、悠仁様の机に刃物が置かれていた。

刃物は2本あり、棒に粘着テープで固定された状態で、悠仁様の席と隣の席にまたがるような形で置かれていた。

当初、包丁とみられていた刃物は果物ナイフのようなもので、刃の部分はピンクに塗られていたという。

また、生徒の机には名前を書いたテープが貼られていたようで、そのテープを見て悠仁様の席を把握した可能性がある。

男は受付のインターホンで「水道工事で呼ばれた」と言い、入り口を開けさせ校内に侵入し、悠仁様のクラスが授業で席を外している間に、刃物を置いたとみられる。

不審な男が侵入したとみられる時間帯にも、悠仁様には警察の警護が付いていた。

犯人は防犯カメラ画像ですでに特定済み?

警視庁が学校の防犯カメラを調べたところ、26日昼ごろ(刃物が置かれる前と後とみられる)、学校内のカメラに作業員風の不審な男が写っていたそうです。

また、最新の情報では、学校のインターホンのカメラに水道工事を装った男の顔が写っていたことがわかりました

男の特徴は以下の通りです。

  • 上下青っぽい作業服を着ていた
  • ヘルメットをかぶっていた
  • マスクをしていた
  • 中年の男
  • 普段は学校にいない人物

警視庁は防犯カメラの解析を進めており、建造物侵入容疑などで捜査しているということです。

現在、防犯カメラ画像は公開されていません。

情報が入り次第、追加していく予定です。

悠仁様の犯人に対するネットの声は?

犯人の動機のことよりも、警備体制への疑問の声が多くあったのが印象的でした。

もし自分の子供が同じ学校に通っていたらと思うと、ゾッとしてしまいますよね。

また、犯人については、手際の良さから学校関係者なのではないかと言う声もありました。

確かに、席は机の名前テープでわかったとしても、門から中学校へ、そして悠仁様の教室へ不審がられずに向かうのは容易ではないですよね。

ちなみに、このお茶の水女子大学付属中学校は、大学のキャンパス内にあるそうです。

このように、悠仁様の刃物での脅迫ニュースは国民に大きな衝撃を与えています。

まとめ

平成から令和への改元が間近に控える中、このような事件が起きてしまいました。

学校に不審者が侵入する事件はこれまでも発生しているそうです。

学校側のセキュリティにも問題があることがわかります。

引き続き、犯人の情報については注目していきます。

以上、「悠仁様の机に包丁の犯人は誰?犯人は防犯カメラ画像ですでに特定されている?」でした。

error: Content is protected !!