アーティスト

星野源の病気エピソード|現在の後遺症は?耳や脳にくも膜下出血の過去が壮絶

引用元:https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/星野源“おうち時間”で「うちで踊ろう」作詞作曲-弾き語り動画に反響「元気づけられました」/ar-BB126kwN

星野源は2020年4月3日にリニューアルしたA-Studio+に出演しました。

藤ヶ谷太輔が加わっての初めてのA-Studio+となりました。

そこで、星野源の知られざるエピソードが出てきたことで、ネット上では注目されています。

星野源は病気になっていたというのです。

そこで今回は、星野源の病気エピソードについて詳しく調べましたので、ぜひご覧ください。

  • 星野源の病気エピソード|現在の後遺症は?
  • 星野源の病気エピソード|耳や脳にくも膜下出血?
  • 星野源の病気エピソード|過去が壮絶!?

星野源の病気エピソード|現在の後遺症は?

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200404-00229244-the_tv-ent

星野源の病気エピソード:現在の後遺症はないとされています。

星野源は、

  • 2012年にくも膜下出血で手術を受ける
  • 一旦仕事に復帰する
  • 2013年に再手術

となっています。

星野源は若くして、くも膜下出血になっていたということでネット上では騒がれていました。

星野源の病気エピソード:ニセ明誕生!?

星野源のライブには「ニセ明」というキャラクターが出演します。

実は、ニセ明誕生のきっかけは、星野源の病気に隠されていました。

星野源は、くも膜下出血後の復帰ライブを2014年に行いました。

星野源は、ファンに楽しんでほしいという気持ちが強かったのです。

このため、笑えるような演出をした星野源。

ここでニセ明が生まれました。

 星野源の病気エピソード:本物の明が公認していた!

実は、ニセ明には本物の明が存在します。

それは、布施明です。

星野源は、布施明の昔をイメージしてニセ明を考案しました。

そのことを、布施明に伝えると、ニセ明をやってもいいと公認したのです。

A-Studio+でも、星野源は布施明に許可を得ていると話しています。

星野源の病気エピソード|耳や脳にくも膜下出血?

星野源の病気エピソード:耳や脳にくも膜下出血でした。

星野源は、2012年にくも膜下出血になったのです。

若くして病に冒されてしまった星野源。

すぐに休養に入りますが、約2年間闘病生活をしていたことになります。

もちろん、一旦治ったため、仕事には復帰しましたが、定期検査ですぐに発覚してしまいました。

現在は落ち着いている星野源ですが、当時は安静にしなければいけないということでした。

このため、星野源は発狂しそうになったと話しています。

星野源の病気エピソード|過去が壮絶?

引用元:http://hoshinogen-navi.com/sick/noukousoku

星野源の病気エピソード:過去は壮絶でした。

星野源は、

  • 小学校時代にいじめにあっていた
  • このため、パニック障害を発症・精神安定剤を服用
  • 高校生になって悪化し不安神経症になる
  • 高校生の時には、外出ができなくなっていた

という壮絶な過去がありました。

ですが、現在の星野源はとても笑顔であふれています。

そのきっかけは、クレイジーキャッツの名曲「だまって俺についてこい」だったと、星野源は話していました。

まとめ

  1. 星野源の病気エピソード|現在の後遺症はないとされている
  2. 星野源の病気エピソード|耳や脳にくも膜下出血は本当である
  3. 星野源の病気エピソード|過去が壮絶というのは本当で、小学生の時にパニック障害になっていた

星野源は非常に苦労をしてきたのだと思います。

だからこそ、星野源の音楽や演技には魅力があるのだと思います。

今後の星野源が生み出すアーティスト性には期待が募ります。

以上、星野源の病気エピソード|現在の後遺症は?耳や脳にくも膜下出血の過去が壮絶でした。

error: Content is protected !!