事件

伊藤仁士容疑者のSNSに顔画像|自宅は実家で職業は何?【大阪女児誘拐】

引用元:https://www.msn.com/ja-jp/news/national/大阪小6女児、栃木で無事保護-誘拐疑いで男逮捕、大阪府警/ar-BBXcLe0?ocid=spartanntp

大阪市住吉区の小6女児が行方不明となった事件。11月23日、大阪から遠く離れた栃木県内で赤坂彩葉ちゃんが無事発見。

そして同日、伊藤仁士容疑者が逮捕されました。

出会いのきっかけはかねてより噂されていたSNSということで、伊藤容疑者のSNSについて調べました。

また、顔画像や自宅(実家)の場所、職業についてもまとめています。

とにかく、赤坂彩葉ちゃんが無事に見つかったことが何よりです。

伊藤仁士容疑者が逮捕

11月17日から行方不明となっていた大阪市住吉区の赤坂彩葉ちゃんが、11月23日栃木県内の交番に助けを求め、保護。

未成年者誘拐及び監禁の疑いで、栃木県小山市の伊藤仁士容疑者が逮捕されました。

伊藤仁士容疑者は35歳。

延べ360人もの捜索員が投入された今回の事件。伊藤仁士容疑者は

「誘拐する気はなかった」

と供述しています。なお、赤坂彩葉ちゃんのほかに、もう1人、15歳くらいの少女も監禁されていました。

赤坂彩葉ちゃんは、スマートフォンを取り上げられていたということです。

LINEに既読が付かないと心配していたお母さんも、ようやく救われますね。行方が分からなくなってからの1週間は、気が気でなかったはずです。

本当に、無事に見つかって何よりです。

伊藤仁士容疑者のSNSアカウント

今回なぜ、大阪市住吉区の少女と栃木県在住の男が知り合うことになったのか。

それは、SNSがきっかけです。赤坂彩葉ちゃんが、荒野行動を通じてSNSを活発に利用していたということが情報としてありましたが、情報通り、SNSが元凶だったのですね。

では、どんなSNSを通じて知り合ったのか。これまでの警察の調べでは

「SNSを通じて知り合った」

という情報のみで、それ以上具体的なものはありません。

赤坂彩葉と伊藤仁士が出会うまで

2人が知り合い、事件に発展するまでの流れを簡単に紹介します。

11月10日SNSを通じて知り合う
→伊藤「うちにきた少女(15歳)の話し相手になってほしい」と誘い出す
11月17日大阪市内の公園で待ち合わせ
→在来線を乗り継いで、栃木県小山市の伊藤容疑者の自宅へ移動

赤坂彩葉ちゃんも、まさか相手の男が栃木県内在住だとは思わなかったはず。

軽い気持ちで出会ったら、栃木県まで。本当に怖かったでしょうね。

現在、未成年でスマートフォンを所有し、SNSを利用して見知らぬ人とやりとりをしているような人は、この事件を教訓に、きちんとリテラシーを守ってほしいと感じます。

そして、赤坂彩葉ちゃん自身も、スマートフォンを持った以上、利用する責任は自分にあるのだから、多くの人に心配をかけたことを猛省してほしいですね。

伊藤仁士容疑者の顔画像

伊藤容疑者の中学生時代の顔写真はすでに公開されています。

引用元:https://www.msn.com/ja-jp/news/national/

中学生時代の伊藤容疑者は

  • 真面目で成績優秀
  • 剣道部所属
  • 女子との絡みはほとんどなかった

という感じだったそうです。

ただ、高校受験に失敗し、志望校への合格は叶わなかったという過去も。

真面目にやってきたのに、勉学で思うような結果を出せなかったという悔しい過去が、今回女児連れ去りという事件につながっているのかもしれません。

伊藤仁士容疑者の自宅(実家)

伊藤容疑者が少女たちを監禁していた自宅はすでに特定されています。

〒323-0811
栃木県小山市犬塚1-20-7

この自宅は伊藤容疑者の実家。父親は10年以上前に他界、そして母親は近所の別の平屋で祖母の介護にあたっていたと言います。

伊藤容疑者は3人兄弟の長男ですが、既に家を離れていたということです。

母親が近くにいることが、抑止力となればよかったのですが。

伊藤仁士容疑者の職業

中学時代は真面目で、周囲から表彰の対象となるような伊藤容疑者も、定職にはついていなかったようです。

報道でも「職業不詳」とされています。

色々と調べてみたところ、以下のような職歴があることが分かりました。

  • ラーメン店でのアルバイト
  • 自動車学校の事務

最近は、仕事をせず引きこもりのニートだったという情報もあります。

近所に住んでいた母親から、生活の支援を受けていたのでしょうか。

まとめ

  1. 大阪市住吉区の小6女児・赤坂彩葉ちゃんが誘拐された事件で、11月23日、栃木県内で伊藤仁士容疑者が逮捕されました。
  2. 赤坂彩葉ちゃんと伊藤容疑者はSNSで知り合ったのですが、SNSアカウントは特定されていません。
  3. 伊藤容疑者の中学生時代の写真が公開されています。
  4. 伊藤容疑者は栃木県小山市の実家で一人暮らしをしていました。
  5. 伊藤容疑者は定職につかず、ニートでした。

SNSで知らない人とも簡単に繋がれるようになったことは非常に便利ですが、その反面、このような事件も多発しています。

今一度、学校現場や子供のいる家庭では、スマートフォンの使い方について話し合ってほしいと感じるところですね。

以上「伊藤仁士容疑者のSNSに顔画像|自宅は実家で職業は何?【大阪女児誘拐】」でした。