事件

川島美沙の産婦人科はどこ?画像「心臓止まってるけど」促進剤のルール違反とは

ショッキングなニュースが飛び込んできました。

29歳の川島美沙さんが出産時に「陣痛促進剤」を正常に投与されず、出産直後に命を落としてしまったのです。

産まれたばかりの我が子を抱くこともできず、無念だったことでしょう。

そして夫に病院でかけられた言葉は「心臓止まっているけどびっくりしないでね」だったそうです。

病院側は医療ミスではなく、別の要因で亡くなったとしているそうですが家族の心情を思うと胸が張り裂けそうです。

今回は川島美沙さんが亡くなった経緯や病院はどこ?川島美沙さんの画像を見てみましょう。

川島美沙さんが出産した病院:産婦人科はどこ?

川島美沙さんは神奈川県の病院で陣痛促進剤を投与され、

出産後に出血多量でお亡くなりになりました。

この件で遺族は、

  • 適切な陣痛促進剤の投与をしなかった
  • 止血措置が適切でなかった

とし、病院側に1億4200万円の損害賠償を求めています。

金額を見ると大金ですが、いくら損害賠償を受け取ろうとも、赤ちゃんのママは帰ってこない、妻は帰ってこないと思うと悲しいですね。

私の妻もこの陣痛促進剤を使って出産をしました。

陣痛促進剤を使うと文字通り陣痛を薬の力で誘発させるため、自然陣痛よりも痛みを伴うと聞いたことがあります。

(もちろんお産の痛みは個人差や容態にもよると思いますが)

私は妻のそばで陣痛促進剤を投与した前後ずっと見ていたので、薬が効いてきたタイミングや容態の変化がよくわかりました。

この時医師から「促進剤を使います」という説明やサインをした記憶はありますが、適切な容量など詳しいことは説明がなかった記憶も。

今回の事件でコメントしている方にも同じような方がいて、陣痛促進剤を使うことへのサインを迫られ、「詳しく教えてほしい」と聞くと「一刻を争うから早くサインしなさい」と凄まれたという方もいました。

川島美沙さんの病院は現時点では神奈川県の産婦人科と病院が特定できないようになっており、メディアを調査しましたが病院名は明らかになっていません。

川島美沙さんの画像

産婦人科で出産直後にお亡くなりになった川島美沙さんの画像を発見しました。

驚いたことに川島美沙さんは、赤ちゃんと対面できずに亡くなったわけではなく、

画像を見ると出産後に赤ちゃんと顔をあわせその後容態が急変してしまったようです。

この事実を知っただけでますます・・

壮絶な出産を終えて我が子の顔を見た川島美沙さんはきっと希望に満ち溢れ幸せを感じていたに違いありません。

どんな母親でも父親でも我が子に合うこの瞬間はいつまでも思い出せる奇跡の瞬間です。

書いていて私も娘が産まれた瞬間を思い出して目頭が熱くなってきました。

陣痛促進剤のルール違反は横行している

陣痛促進剤を使うケース

  • 過期産の予防
    出産予定を一週間過ぎても産まれない場合
  • 前期破水
    陣痛前に破水(うちはこのケースでした)
  • 微弱陣痛
    母体の衰弱などで陣痛が弱い

陣痛促進剤を使うのは主にこのようなケースで適用されます。

陣痛促進剤のルール違反

基本的に人間はお産が動物の中でもお産が重いそうです。

これは二足歩行で内蔵を支えるために骨盤が狭かったり赤ちゃんの頭が大きいこと。

そこで陣痛を促さないと危険な場合があるため陣痛促進剤を使いますが、薬であるゆえ副作用や死亡例も多くあり、

それらを調査すると容量を違反して過剰投与していたというケースも「よくある」そうです。

医学専門家ではないので詳しい数字まではわかりませんが、投薬の基準が決まっているうえでルール違反を把握しているならば、抑制することはできないのでしょうか?

もちろん産婦人科医の医師も母体を救うための判断をしていると思いますが、

今回の川島美沙さんへの陣痛促進剤の投与(用量など)が正しいものだったのか、裁判では明らかになってくるでしょう。

いずれにしても、私の妻の出産時の経験から、大多数のパパ・ママは陣痛促進剤を投与すると告げられても「はい」意外に選択肢はなく、医師にすべても任せるしかないのが事実。

川島美沙さんの産婦人科だけでなく協会全体で解決に望んでほしいと願います。

陣痛促進剤と自然陣痛どっちが痛い?リスクは?初産の経験から伝えたいこと

川島美沙の産婦人科はどこ?画像「心臓止まってるけど」促進剤のルール違反とは まとめ

  1. 川島美沙さんが出産後に出血多量で死亡
  2. 川島美沙さんは陣痛促進剤を投与して出産
  3. 陣痛促進剤の投与や止血措置に問題があったと遺族が訴え
  4. 川島美沙さんの出産した産婦人科医は神奈川県にある病院
  5. 陣痛促進剤はルール違反により死亡するケースが確認されている

ニュースでは「心臓が止まっているけど驚かないでね」

このコメントに注目が集まっているような気がしました。

しかし本当に私達が想像するような、心無い言葉を夫にかけた医師がいたのでしょうか?

この文字だけを棒読みすれば患者や遺族をバカにしているとしか思えませんが、

実際に医師がどのような心情や仕草でこの発言をしたかによっては言葉自体は問題ではないような気もします。

今となっては誰が何を言おうと川島美沙さんは戻ってきません。

赤ちゃんに対してどんな思いで最期を迎えたかと思うとやりきれない事故です。

ご冥福をお祈りします。

そして赤ちゃんの幸せを願っています。

関連

陣痛促進剤と自然陣痛どっちが痛い?リスクは?初産の経験から伝えたいこと