暮らし

検察法改正案に芸能人反対はなぜ?指原莉乃や拡散する理由をわかりやすく!

引用元:https://www.jiji.com/jc/article?k=2020051800135&g=pol

検察官の定年を引き上げる方向と発表していた政府。

ですが、2020年5月18日に見送る方針に切り替わりました。

今回の検察法改正案は、芸能人が多く反対の声を上げていました。

なぜ芸能人が検察法改正案に反対していたのか?が非常に注目されています。

そこで今回は、検察法改正案の芸能人について詳しく調べましたので、ぜひご覧ください。

  • 検察法改正案に芸能人が反対するのはなぜ?
  • 検察法改正案に反対の芸能人は指原莉乃?他に誰がいる?
  • 検察法改正案に芸能人:拡散する理由をわかりやすく!

検察法改正案に芸能人が反対するのはなぜ?

検察法改正案に芸能人が反対するのはなぜか?気になりますよね。

大きく分けて3つの理由があるとされています。

  • 政府がコロナ対策の甘さや遅さ
  • 芸能人が個人事務所を開くことが増えた
  • 芸能人がグローバル化されてきた

ということが理由では?と報道されています。

検察法改正案に芸能人が反対!個人事務所を開く人が増えた?

芸能人といえば、所属事務所に入っている人が多かったですよね。

ですが、元SMAPの稲垣吾郎らをきっかけとし、最近では

  • 米倉涼子
  • 中居正広

などが所属事務所を抜け、個人事務所を開く人が増えました。

それまでは、所属事務所の関係で発言することが難しかった芸能人。

ですが、個人事務所となれば自分の責任は自分で取るという形になります。

このことにより、反対する発言がしやすくなった?とされています。

検察法改正案に反対の芸能人:コロナ対策の危機とは?

政府は、

  • 中小企業に200万
  • 個人事業主には100万

という額を上限としました。

芸能人ももちろん、自粛要請がされているため、仕事が激減した人もいます。

そうした人であっても100万円が上限となれば、個人事務所の経営が厳しくなります。

このため発言をし、ネットの力を借りて反対運動が強まったのでは?とされています。

検察法改正案に反対の芸能人は指原莉乃の他に誰がいる?

引用元:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202005170000149.html

検察法改正案に反対の芸能人は

  • 小泉今日子
  • ラサール石井
  • 末吉秀太(AAA)

などです。

全員が個人事務所を設立しているわけではありません。

ですが、小泉今日子などは個人事務所を設立しています。

このため、個人事務所を設立している人の方が声が上がりやすいのでは?と言われています。

指原莉乃は反対も賛成もしていません。

ですが、新たにオンラインでの有料ライブなどの提案をしています。

検察法改正案に芸能人:拡散する理由をわかりやすく!

検察法改正案に芸能人:拡散する理由をわかりやすくいうと、拡散しやすいからです。

芸能人の発言力は国民にとって影響力が非常に高いです。

このため、芸能人がSNSで発言をすることにより拡散しやすいのです。

特にツイッターであれば、リツイートなどボタンを押すだけで拡散できます。

  • 芸能人が言っている
  • たくさんの人が見ている
  • 拡散しやすいSNSを利用している

という3つの理由で、拡散しやすくなっています。

まとめ

  1. 検察法改正案に芸能人反対はなぜかというと、個人事務所を設立し、発言の自由度が上がったことなどが理由であるとされている
  2. 検察法改正案に反対の芸能人は小泉今日子などがいる、指原莉乃は反対も賛成もしていない
  3. 検察法改正案に芸能人:拡散する理由をわかりやすくいうと、芸能人が発言した場合には見る人も多く、Twitterなどの場合は拡散しやすいためである

検察法改正案が見送られたことに関しては、ひとまず安心ですね。

やはり、この時期に検察法改正よりも先にやるべきことがあるのではないでしょうか。

以上、検察法改正案に芸能人反対はなぜ?指原莉乃や拡散する理由をわかりやすく!でした。

error: Content is protected !!