暮らし

コロナウイルスのスーパースプレッダーがヤバすぎる!感染拡大の恐れ【新型肺炎】

引用元:https://www.fnn.jp/posts/00050004HDK/202001271925_goody_HDK

2020年1月29日現在、死者が100を超えてしまった新型肺炎:コロナウイルス。

現在の患者数は一気に増え、6000人と言われています。

中国政府は、いわゆる封じ込め作戦を行っていますが手遅れでは?と言われています。

また、ネットやニュースでは、コロナウイルスのスーパースプレッダーがヤバすぎる!と騒がれています。

全世界で問題になっているコロナウイルス。

そこで今回は、コロナウイルスのスーパースプレッダーの恐ろしさについて詳しく調べましたので、ぜひご覧ください。

  • コロナウイルスのスーパースプレッダーがヤバすぎる!?
  • コロナウイルスの感染拡大の恐れ
  • コロナウイルス:新型肺炎についてのおさらい

コロナウイルスのスーパースプレッダーがヤバすぎる!?

引用元:https://www.fnn.jp/posts/00050004HDK/202001271925_goody_HDK

コロナウイルスのスーパースプレッダーはヤバすぎるというのは本当です。

コロナウイルスは、日本の会見を見ても分かるように、会見中に何度も情報が更新されていました。

このことからも、コロナウイルスのスーパースプレッダーは非常に大変な事態だと受け止めて良いでしょう。

コロナウイルスのスーパースプレッダーの恐ろしさとは

コロナウイルスのスーパースプレッダーの恐ろしさは、潜在感染者や軽症感染者が多くいることです。

SARSを例にすると1人で160人の感染者を出した患者が存在したということです。

ですが、コロナウイルスとSARSの決定的な違いは、コロナウイルスは潜伏期間に感染するということです。

SARSは潜伏期間には感染しないウイルスだったのです。

そのため、SARSよりコロナウイルスのスーパースプレッダーの方が恐ろしいと言われています。

コロナウイルスのスーパースプレッダー:日本への影響は?

コロナウイルスのスーパースプレッダー:日本への影響は当然あります。

中国は現在、旅行の禁止などをしています。

ですが、コロナウイルスが発見されたと発表された時には、既に日本にいる人もいました。

潜伏期間が2週間と言われています。

そのため、2020年2月10日頃には、日本への影響が明確に分かるだろうと言われています。

コロナウイルスの感染拡大の恐れ

引用元:https://www.fnn.jp/posts/00050004HDK/202001271925_goody_HDK

コロナウイルスの感染拡大の恐れはあります。

現在は、コロナウイルスのピークではありません。

コロナウイルスのピークは2020年3月〜4月頃といわれています。

ウイルスの性質上、ピークがくるのは、最初のウイルス発生から3ヶ月程度経過した後といわれています。

インフルエンザでも、最初の発症者は11月頃に出ますが、ピークは2月頃ですよね。

そのため、今後もコロナウイルスの感染拡大の恐れは非常に高いです。

コロナウイルス:新型肺炎のおさらい

コロナウイルス:新型肺炎のおさらいです。

コロナウイルスは、

  • 潜伏期間が2週間程度
  • 潜伏期間でも移してしまう可能性が高い
  • 接触感染する
  • 新型肺炎の症状は、熱や咳
  • 中高齢者や持病のある人が死亡している

ということです。

潜伏期間でも移してしまう可能性があるため、熱や咳が出ている方は速やかに受診しましょう。

接触感染があるため、中国へ行ったことがない人でも感染する可能性はあります。

まとめ

  1. コロナウイルスのスーパースプレッダーはヤバすぎるというのは本当である
  2. コロナウイルスはSARSと違い、潜伏期間でも感染するためスーパースプレッダーも恐ろしい
  3. コロナウイルスの感染拡大の恐れはある
  4. コロナウイルスは2020年3月〜4月にピークを迎えるといわれている
  5. コロナウイルス:新型肺炎は熱や咳が症状で、接触感染もする

コロナウイルスは、全世界で向かい合わなければいけない問題です。

中国での裕福層は、既に武漢市はおろか、海外に出ています。

また、日本は中国人の旅行者の受け入れもしています。

実際に私も、2020年1月29日、運転中に何十人もの中国人を見ています。

日本への影響は少なからずとも出る可能性がありますね。

以上、コロナウイルスのスーパースプレッダーがヤバすぎる!感染拡大の恐れ【新型肺炎】でした。

error: Content is protected !!