事件

クボタ派遣の【犯行動機】正社員から格差差別か!自ら首を切る

派遣社員が正社員を刃物で襲った犯行動機は格差差別か。

大手産業機械メーカー「クボタ」で正社員の40代男性が非正規雇用の派遣社員に刃物で襲われるという凄惨な事件が発生しました。

今回のニュースで1番の注目すべき点は加害者が「非正規雇用の派遣社員」、被害者が「正社員」という点。

事件発生直前にはこの2人の間にトラブルが起きていたこともわかっている。

尚、事件直後には派遣社員の加害者は自ら首を切り重体、一体派遣社員と正社員の間にどんなトラブルがあり派遣社員の加害者40代の派遣社員の犯行動機とは・・

クボタ事件の概要

事件は会社敷地内で発生

茨城県にある大手産業機械メーカー「クボタ」の敷地内で、正社員の男性が派遣社員の男に刃物のようなもので切り付けられて重体です。警察は殺人未遂事件として捜査しています。

重体ということで今後の安否が心配されるが後述する車内の刃物の様子からすると派遣社員には計画性と衝動的な犯行でなかったことが伺えます。

人気の少ない深夜勤務での犯行か

17日午後10時ごろ、茨城県つくばみらい市にあるクボタの敷地内で、40代の正社員の男性が40代の派遣社員の男に刃物のようなもので首を切り付けられました。

クボタの採用ページを確認すると、昼夜2交代の勤務を行っていることでこの日、事件に関わった2人は夜勤業務に従事していたと見られます。

週休2日制(基本、土曜・日曜・祝日)との記載もあるので17日の日曜日の夜は休日出勤だった可能性もあります。

被害状況

正社員の男性は病院に搬送されて重体。切り付けた派遣社員の男は現場近くの車の中で首から血を流して意識不明の状態で発見されました。

重体と重傷という言葉がありますが

  • 重傷
    命に別状はない全治30日以上の怪我
  • 重体
    脳や内臓に大きな損害など命に関わる

このようなことから被害にあった40代の男性は刃物で切りつけられ命に関わるほどの被害を受けていることがわかります。

計画性のある犯行か

今回のニュースでおどろいたのが加害者の派遣社員が発見された車の中には複数の刃物が発見されたという点。

勤務先で正社員を切りつけたという時点で犯行に使われた刃物はどこにあったのか?と思うが車の中に複数の刃物が発見されたことで、日頃から刃物を常備し犯行の機会を伺っていたのでは?と犯行の計画性が感じられます。

派遣社員の犯行の動機は何か

正社員の男性は派遣社員の男の指導員

40代の正社員と40代の非正規雇用の派遣社員の2人だが、この2人の関係は職場上での先生と生徒の関係。

指導員の立場の正社員が被害にあっていることから派遣社員と正社員の日頃の関係性が事件の動機になったことが伺えます。

事件前に2人にトラブルが発生していた

別の従業員の証言では、今回の事件が発生する前に、被害者である正社員と加害者である派遣社員の間に「けんか」が起きていたという証言があります。

警察はこの犯行に関係があるとみて捜査をしています。

ただ衝動的な犯行ということは車内にあった複数の刃物の件からも考えにくく、日頃からこに2人の関係は良好なものではなかったと予想できます。

クボタの採用情報から派遣の待遇を考察

未経験OK!工具の使い方から教えます!本気になれる仕事・充実の休日や給与、全部叶えませんか!

このような見出しでクボタのHPでは契約社員の募集を募っています。

◆年1回正社員登用のチャンス有り!(毎年約10~20%、採用実績は多数有り)

毎年契約社員のうちの10%から20%が正社員になれるチャンスがあると謳っている。

ここまででクボタには「正社員」「契約社員」「派遣社員」が在籍していると見られる。

筆者も大手企業で契約社員として務めていた過去があるが、企業内では少なからず雇用形態による格差が生じているのはいうまでもない。

正社員からすれば同じ職場の契約社員や派遣社員は使い勝手のいい労働力であり、場合によっては「派遣にやらせておけばいい」そんな言葉が出ることも珍しくなかった。

契約社員からすれば少なくとも年単位で正社員を目指している労働者も多く、正社員になるためには職場の正社員との関係を嫌でも良好に保つ必要がある。

さらに契約社員よりも下の扱いとなる派遣においては、「いずれいなくなる」「やる気がない」というレッテルを始めから貼られているのが現実でしょう。

今回はまさに正社員と派遣との間に起きた事件ということで、この事件の動機は派遣社員が正社員に冷遇されていたこと、衝動的なものでなく長期にわたり正社員への不満が蓄積したことが犯行動機ではないかと予想できます。

ましてや年齢もお互い年の近い40代、男として仕事へのプライドもあり、雇用形態の違いが及ぼす「見えない格差」の闇は深い。

 

error: Content is protected !!