事件

工藤俊亮の顔画像とFacebook!SNSを調査!青森県警察の巡査が少女に淫行で逮捕

今回ですが、青森県警察の巡査が少女にみだらな行為をしたとして淫行容疑で逮捕されました!

過去にも警察職員による逮捕はいくつもありますが、市民を守るはずの巡査がなぜ?

子供を持つ親としては許せない行為ですね。

逮捕された工藤俊亮容疑者はどんな人物なのでしょうか?

さっそく顔画像やFacebookなど調査してみました。

青森県警察が石署地域課の巡査工藤俊亮容疑者を逮捕

青森県警は6日、18歳未満と知りながら少女にみだらな行為をしたとして、県青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで、県警黒石署地域課の巡査工藤俊亮容疑者(20)=同県黒石市=を逮捕した。おおむね容疑を認めている。

引用元:https://jp.reuters.com/article/idJP2019040601001986

今回の逮捕ですが、サイバーパトロールで見つけた会員制交流サイト(SNS)の書き込みを端緒に捜査を開始し少女のスマートフォンの通信履歴から工藤容疑者が浮上したといいます。

警察が工藤俊亮容疑者をマークしていたわけではなく、サイバーパトロールで捜査時に容疑者の名前にたどり着いたということですね。

これ、捜査でたどり着いていなかったら絶対に判明しない事件ではないでしょうか?

普段の事件は被害者がいて犯人に辿りつくものが大半だと想いますがサイバーパトロールって文字通りパトロールですよね?

ちなにみ「サイバーパトロール」は別名ねネットパトロールと言われていて、

警察がインターネット上にある怪しいサイトを探ることを意味しています。

ここで今回はSNSに怪しい書き込みがあってそこから辿ると少女と工藤俊亮容疑者が浮上したというわけです。

工藤俊亮容疑者の顔画像やFacebookは?

工藤俊亮について調べてみると、画像やFacebookもヒットしました!

しかし今回の工藤俊亮という名前は同姓同名の方が複数いるようで、

書籍を出している大学の准教授や、一般人と思われる方が多く警察の工藤俊亮容疑者は現段階で特定できていません。

速報が入り次第追記していきたいと思います、申し訳ないです。

Facebookに関しても同姓同名の方は発見できました。

こちらは家族(赤ちゃんや子供)を載せた微笑ましいアカウントだったので、

個人的にはこんな幸せそうな家族が容疑者のアカウントではないことを願う!そう思った次第です。

  • 工藤俊亮
  • 年齢は20歳

ということなのでまだ家族を持つには少し早いかもしれませんね。

サイバーパトロールは警察以外も行っている

今回の事件報道ではサイバーパトロールというあまり聞き慣れない言葉がありました。

調べてみるとサイバーパトロールは警察以外も実施していることがわかりました。

  • 各都道府県
  • 警察
  • 文部科学省他から委託されたNPO団体
  • 民間企業

このように警察以外にもインターネット上で起こりうる犯罪を取り締まっているのがサイバーパトロールです。

今回SNSで事件が発覚したということですから、容疑者の工藤俊亮が日常的にSNSを活用していた可能性は高いですね。

インスタやTwitterには「工藤俊亮」名義でアカウントはないようです。

工藤俊亮の顔画像とFacebook!青森県警察の巡査(警察官)が少女に淫行容疑で逮捕まとめ

  1. 青森県警察が工藤俊亮容疑者を淫行容疑で逮捕
  2. サイバーパトロールで容疑が発覚
  3. 工藤俊亮容疑者は20歳

工藤俊亮容疑者は20歳なので単純に高校を卒業した後、警察官となり2年くらいでしょうか?

未来ある警察官がなぜ容疑者になってしまったのか。

工藤俊亮容疑者は20歳とはいえ、コンプライアンスや社内教育など気になる点が多い事件となりそうです。