事件

教員いじめ【女帝】謝罪文!顔画像に実名が特定でツイッター批判殺到

引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/17207393/

神戸市立東須磨小学校の教員いじめ事件。主犯格とされる40代女性教員(女帝)をはじめ、加害者4名の謝罪文が公開されました。

全国的にも大問題となっているため、顔画像や実名も拡散。すでに4名は特定されたとも言われています。

その壮絶ないじめの内容や謝罪文のひどさにツイッターからは批難が殺到。事態は収拾する気配がありません。

10月16日に公開された謝罪文について、この記事で深く考察していきましょう。

教員いじめの謝罪文が公開

10月16日、加害教員4人の謝罪文が公開されました。まずは、3人の30代男性教員の謝罪文を紹介いたします。

  • 「ここまで被害教員を大切に育ててこられたご家族の皆さま、このたびはこのようなあってはならない事態を引き起こしてしまい、大変申し訳ありません」
  • 「東須磨小の子どもたちや保護者の皆さんには、申し訳ない気持ちです」
  • 「東須磨小の子どもたちは、素直な明るい子どもたちなので、そこを伸ばしてほしいと願っています。ただ、私の行為はその成長の邪魔をしてしまったと思っています」

ご覧のように、反省のコメント。何をいまさらという感じは否めませんが、自らが犯したことの重大性はよく分かったことでしょう。

加害教員を擁護できるポイントなど、1ミリたりともありません。本当に許せない人間たちですが、厳正な処分を受け、願わくば刑事罰もしっかりと受け、その後に新たな人生を踏み出してほしいところです。

教員いじめ女帝の謝罪文がひどい

話題となっているのは、いじめの主犯格とされる40代女性教員のコメント。教員の中でも特に権力があったとされる、いわば「女帝」です。

そのコメントがこちら。

「子どもたちに対しては、こんな形になって申し訳ないです。子どもたちを精いっぱい愛してきたつもりですが、他の職員を傷つけることになり、子どもたちの前に出られなくなり、申し訳ありません」

と、まずは東須磨小学校の子供たちへの謝罪の言葉を並べ、

「被害教員に対しては、ただ申し訳ないというしかありません」

と、被害を受けた教員に対しても謝罪。ここまではごく普通の謝罪文ですが、問題はここからです。

「本当にそれまでは、被害教員には自分の思いがあって接していたつもりです。自分の行動が間違っていることに気付かず、彼が苦しんでいる姿を見ることは、かわいがってきただけに本当につらいです」

?????

かわいがってきた?目を疑うような文章ですね。そして、自分の行動が間違っていることに気づかず、という言葉も。

あれだけ凄まじいいじめを続けてきて、「間違っていることに気づかない」?そんな人間が子供たちに対して、人間的教育をしていた?

考えるだけで、頭の中が混乱してきます。現実に起きていると思いたくないですが、すべてが現実なのです。

教員いじめの加害者顔画像や実名が特定

学校現場を始めとして、公務員の組織内での問題行動が、全国的な話題になることはあまりありません。大体内部処理で片が付くものです。

それだけに、1学校内で起きたことがここまで全国的に、そして長期にわたって話題となるのは異例のこと。この教員いじめがどれだけ深い問題なのかを物語っています。

そのため、加害者教員4人の顔画像や実名は既に特定され、拡散しています。しかし、学校側や教育委員会から正式に発表があったわけではありません。

ここでは、モザイク入りの写真と噂されている教員のイニシャルのみ公開いたします。

引用元:http://blog.livedoor.jp/aoba_f/archives/55938210.html

加害者とされる教員のイニシャルがこちら。

  • M.H(主犯格とされる40代女性教員)
  • Y.S(30代男性教員)
  • T.S(30代男性教員)
  • H.S(30代男性教員)

いずれも、名前→苗字の順です。中には、既に結婚し、子育てをしている教員もいるとか。加害教員が本当に反省し、きちんと処罰を受けるためにも、実名と顔画像は学校側や教育委員会側が公開すべきではないでしょうか。

この時代、隠そうと思っても隠しきれるものではありませんし。

教員いじめに対してツイッターで批判殺到

先に紹介した謝罪文に対して、特に主犯格の女帝の謝罪文に対しては、ツイッターで批判が殺到しています。

いくつか紹介いたしましょう。

https://twitter.com/NiNo_1412/status/1184944349076787201?s=20

https://twitter.com/_PePeRi77/status/1184931141637115904?s=20

多くの人が同じような感情を抱いていますね。特に解せないのが、「可愛がってきた」という部分。

綴った内容の順番からも、自らの弁明をするような姿勢が見て取れて、本当に全く持って理解できる部分がありません。

被害者教員はもちろん、この女帝に指導されてきた子供たち、そしていじめに関わらずとも一緒に働いてきた同僚たちには同情を禁じ得ません。

子供は担任の先生に似ていくとはよく言われています。長い時間を一緒に過ごす人間には、意識の有無に関わらず性格や行動が似てきますよね。

女帝に育てられてきた子供たちが、女性に似てきているのかと考えると、恐怖しかありません。それも、20年以上の経歴があるベテラン教員ですからね。

→教員いじめ自主退職はさせない!退職金はいくらで懲戒免職や逮捕は?

まとめ

  1. 10月16日に教育いじめの加害教員4人からの謝罪文が発表されました。
  2. 主犯格とされる40代女性教員(女帝)の謝罪文は呆れかえるような内容でした。
  3. 大きな話題となっていることもあって、加害教員の顔画像や実名はほぼ特定されています。
  4. 女帝の謝罪文には不可解な部分が多く、批判が殺到しています。

採用試験の倍率低下の影響もあって、教員不足が慢性化しています。それに拍車をかけるようなこの事件。もう、教員を志すような若者は本当にいなくなってしまうのではないでしょうか。

今後、日本の教育はどうなってしまうのか、不安が募るばかりです

以上「教員いじめ【女帝】謝罪文!顔画像に実名が特定でツイッター批判殺到」でした。