暮らし

「令和」が引用された万葉集は誰の歌でどんなもの?何の目的で作られた?

2019年4月1日、改元を1カ月後に控えたこの日に新元号は発表されました。

新元号は「令和」。

「平成」は字面からなんとなく意味が読み取れましたが、「令和」は一見なにを表しているのか分かりませんよね。

その後、首相談話にてその意味と万葉集から引用したということが公表されています。

万葉集と言えば古典や歴史の授業で聞いたことがあるくらいで、その実態を知っているという人はかなり少ないのではないかと思います。

ということで、今回は新元号「令和」が引用された万葉集とはどういった目的で作られたのか、「令和」は誰の歌からの引用だったのかということについて調べてみました。

万葉集とは?

万葉集というのは7世紀後半から8世紀後半にかけて編まれた和歌集です。

そして、日本に現存する和歌集のなかでは最も古いものであるとされています。

万葉集のなかの和歌は様々な身分の人が詠ったものが収録されており、天皇や貴族といった身分の高い人たちから下級官人、防人といった身分の人たちまでいます。

万葉集の中にはなんと4,500首以上も収録されているのですが、そのうち2,100首余りの歌は作者不明となっているんだとか。

和歌によっては方言混じりの歌もいくつか収録されていることから、方言学の観点からも非常に重要な史料として扱われているのです。

万葉集は超大作!

先述した通り、万葉集には4,500首以上の歌が収録されているのですが、このすべてが1冊に収録されているというわけではありません。

万葉集は20巻からなっており、それぞれある程度和歌が分類分けされて収録されています。

たとえば巻1は宮廷を中心にした雑歌を中心に、巻8には四季に関する歌、9巻には旅と伝説の歌が収録されているというわけです。

その巻数や収録されている歌の数からみても超大作であるということが言えますが、万葉集の編纂期間が100年を超えて行われていたということを見てみても同じことが言えます。

また、編纂者は一人ではなく多くの人が携わっていたということが言われていますが、編纂者については諸説言われているので明確には分かっておりません。

「令和」は誰の歌?

新元号が発表された際、首相談話にて「令和」は万葉集から引用してきたということや意味についての説明がありました。

ここでは歌の一説だけを引用されていましたが、大元の歌は以下の通りになります。

天平二年正月十三日に、師の老の宅に萃まりて、宴会を申く。
時に、初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。
加之、曙の嶺に雲移り、松は羅を掛けて蓋を傾け、夕の岫に霧結び、鳥は殻に封めらえて林に迷ふ。
庭には新蝶舞ひ、空には古雁帰る。
ここに天を蓋をし、地を座とし、膝を促け觴を飛ばす。
言を一室の裏に忘れ、衿を煙霞の外に開く。
淡然と自ら放にし、快然と自ら足る。
若し翰苑にあらずは、何を以ちてか情をのべむ。
詩に落梅の篇を紀す。
古と今とそれ何そ異ならむ。
宜しく園の梅を賦して聊かに短詠を成すべし。

これは、天平二年正月十三日に大宰府の大伴旅人邸宅で催された、梅の花を愛でる宴の場で詠まれた歌です。

宴で目にした華やかな梅の様子を表現しながらも、その宴の場にいた人々の和やかな雰囲気や景色を描写した歌です。

万葉集を編纂した者のひとりとして大伴家持が一説として名前が挙がっているのですが、この歌に登場する宴の場の家主 大伴旅人は大伴家持の父親なのです。

この歌を詠んだのは奈良時代の貴族・歌人である山上憶良ではないかと憶測されていますが、詳細なことは不明となっているようです。

万葉集では巻5に収録されています。

万葉集はなんのために作られたのか?目的は?

そもそも何故、4,500首以上の歌を集めて万葉集を編纂したのでしょうか。

万葉集の編纂時期や編纂者が明らかになっていないのと同様に、その目的についても明確なことは明らかになっていません。

ただ、万葉集というのはかなり重要な歴史的史料であり、歌の分野以外のところでも非常に重宝されているのです。

先述したように方言学でもそうですし、『竹取物語』といった御伽草子のような古典文学へ非常に影響を及ぼしているということも言われていることから古典分野でも有力な資料として見られています。

「「令和」が引用された万葉集ってどんなもので誰の歌?どういう目的で作られた?」まとめ!

  1. 万葉集は、4,500首もの和歌が収録されている日本最古の和歌集
  2. 編纂期間は100年を超えており、20巻からなる超大作だった
  3. 新元号である「令和」は、巻5に収録されている歌から引用されており、詠み手は山上憶良とも言われているが明確な情報ではない
  4. 万葉集の編纂者や編纂目的については諸説あるが、詳細は不明

万葉集というものは学校の授業で聞いたことがあっても、その詳細は知らないという人が多かったと思います。

今回決まった新元号は万葉集からの引用ということですので、これを機に万葉集に興味を持ってみるのも良いですね!

以上、「「令和」が引用された万葉集ってどんなもので誰の歌?どういう目的で作られた?」でした。