スポーツ

桃田賢斗とカジノに出入りした俳優は遠藤要?スナックママとの関係画像に驚愕

引用元:https://www.nikkansports.com/sports/photonews/photonews_nsInc_201907260000446-0.html

来年の東京オリンピックで金メダル獲得の期待がかかるバドミントン・桃田賢斗。

この名前を聞くと、どうしても思い出されてくるのが「闇カジノ」問題。この不祥事をきっかけに桃田賢斗を知ったという人も少なくないはず!まさに私がそうです。

そこで今回、桃田賢斗にスポットを当て、桃田賢斗が起こした闇カジノ問題、その闇カジノに俳優の遠藤要と共に出入りしていたという噂、闇カジノ問題の拡散の原因となったスナックママとの関係、今後の桃田賢斗への期待についてご紹介。

どん底を味わった過去がある桃田賢斗を応援したくなる人も多いはず!

それではご覧ください。

桃田賢斗らの闇カジノ問題の概要

2014年10月からの半年間、田児賢一は東京都墨田区の闇カジノ店を10回程度訪れ1000万円ほどの賭博を行っていました。

その田児賢一選手の紹介で桃田賢斗も6回ほどその店を訪れ、合計50万円ほどの賭博を行ったのです。

日本では、競馬や競輪といった公営ギャンブル以外の賭博は法律で禁じられているため、明るみになった時は大きな問題に。

2人は国際試合のためマレーシアに遠征中でしたが、以降のスケジュールはキャンセルとして、即刻帰国。謝罪会見を開催する運びとなったのです。

マレーシアから即帰国を命じられた時は気が気でなかったでしょうね・・・。私もかつて、近所の壁に落書きしていたことが先生から母に伝わり、その説教のために母が近づいてきた時の恐怖心を思い出しました。ああいう場面って、なぜか何事もスローモーションに感じられるんですよね。桃田賢斗と田児賢一も当時の私と同じような気持ちだったと思います。

そして、田児賢一は所属していたNTT東日本を解雇、桃田賢斗は無期限の謹慎という重い処分を受けることになりました。

桃田賢斗と共にカジノに出入りした俳優は遠藤要?

ご紹介のとおり、桃田賢斗と共に問題となった闇カジノに出入りをしていたのは、同僚の田児賢一です。ネット上では、俳優の遠藤要さんと共に出入りをしていたと噂されていますが、これは事実ではありません。

2017年2月に、モノマネでおなじみの清水良太郎さんと共に遠藤要さんが、桃田賢斗らが問題を起こした闇カジノに出入りしていたということが、フライデーによって報じられました。

これが巡り巡って、桃田賢斗と遠藤要が共に闇カジノに出入りしていたという情報が広まったのです。

桃田賢斗らの闇カジノ問題が報じられたのは、リオデジャネイロオリンピック開幕前の2016年4月のことで、時系列としても合っていません。金メダルを有力視されていた桃田賢斗選手がオリンピックに出場できなくなったことは、結構大きなニュースにもなりましたので、よくよく振り返れば分かるでしょう。

しかし、情報はどんな形で巡っていくか分からないから怖いものですね。情報に踊らされすぎず、きちんと物事の本質を見極めることは大変重要だな、と改めて感じます。

桃田賢斗と馬乗り写真が流出したスナックママとの関係は?

先に紹介した闇カジノ事件が明るみになった背景には、桃田賢斗と、とあるスナックママとのキス写真が流出したことがあるとされています。

Twitterで流出してしまった画像

その写真が撮影された現場が、闇カジノがあったのと同じ東京都墨田区であり、そのスナックママと闇カジノの運営母体である反社会勢力との間には何か浅からぬ関係があった?と目されているのです。

反社会勢力と繋がっていることが世間に明るみになれば、桃田賢斗としては選手生命が絶たれてしまう危険性もありました。

そんな中で、それを臭わせかねない写真が流出したことで、自分ではどうにも解決できないと判断した桃田賢斗が、知人に相談し一気に闇カジノに出入りしていた事実も発覚していったということなのです。

おそらく闇カジノを通じてそのスナックママとは知り合い、親密な関係になっていたのでしょう。その中で撮られた1枚の馬乗りキス写真が、夢だったオリンピック出場の断念にまでつながってしまったわけですから、桃田賢斗にとっては悔やんでも悔やみきれない事態だったわけですね。

→桃田賢斗が中国で人気爆発!中国人反応の意外なワケ|謹慎を経て見事な復活劇!

我々も、一社会人として「常にどこかで見られている」という意識は持っておくべきですね。積み上げてきたものが一瞬で崩れ去るという感覚だったでしょう。私も何週間にもわたって、食事制限をしてデトックスを頑張り肌を綺麗にしたのに、ラーメンを食べた翌日に吹き出物が何個も出てきた時はショックでした。

さすがにそれとこれとは次元が違いますかね(笑)

今後の桃田賢斗への期待

桃田賢斗は約1年にわたる長い謹慎を経て、表舞台に帰ってきました。2018年には世界選手権で金メダルを獲得し、その確かな実力を見せつけたのです。

闇カジノでの賭博、スナックママとの関係といった不祥事があまりにも過激だったために、桃田賢斗に対しては謹慎期間中も厳しい視線が送られていました。

それもあってか、桃田賢斗自身も猛省し、自分がすべきこと、できることを、どんなに小さなことでも厭わずに取り組んでいたようです。

その経験を経て、バドミントンが不自由なくプレーできることがどれだけ素晴らしいことなのかを再認識することができ、復帰に向けてのモチベーションも高まったのだとか。結果、復帰を果たしたころにはフィジカル的にかなり強化され、スケールアップした桃田賢斗を見せつけることになりました。

来年にはいよいよ東京オリンピックが開催されます。

桃田賢斗選手が金メダル候補であるのは言うまでもありません。リオオリンピックには自らの過ちにより出場すら叶わなかった苦い過去を払しょくし、晴れて東京の表彰台の真ん中に立つ姿に期待したいところです。

不祥事があって良かったという言い方が適切なのかは分かりませんが、桃田賢斗にとってバドミントン人生の大きな分岐点になったことは間違いないはず。人生、どれだけ大きな失敗をしてもそこで終わりではなく、再び起き上がって努力ができるか否かが、将来を大きく左右するのですね。

まとめ

この記事では、バドミントンの桃田賢斗選手の闇カジノ問題や馬乗りキスのスナックママとの関係について、以下のようにまとめました。

  1. 桃田賢斗選手と共に俳優の遠藤要さんが、闇カジノに出入りしていたという噂がありますが、それは事実ではなく、一緒に出入りしていたのは田児賢一選手でした。
  2. 桃田賢斗選手は闇カジノを通じて知り合ったスナックママと深い関係になり、それが謹慎処分に繋がる大きな原因となりました。
  3. 謹慎が解かれ、競技に復帰した桃田賢斗選手には、これまで以上に実力をつけ、来年の東京オリンピックでは金メダルを獲得することが期待されます。

桃田賢斗選手は、まさに自分がこれから挑もうとしていたオリンピックの夢の直前に、不祥事が発覚し、それを断念せざるを得ませんでした。そのすべての責任は桃田賢斗選手自身にあるのですが、この時どれほどの後悔があったのかというのは、他人には推し量ることもできないでしょう。

しかし、長い謹慎期間を経て、桃田賢斗選手は競技に戻ってきました。そして、不祥事前よりもパワーアップした姿を見せ、日本のトッププレイヤーとして、バドミントン界を盛り上げています。これは、自分の過ちを猛省して、謹慎期間中も一生懸命トレーニングに励んだ賜物でしょう。

一度どん底に落ちた人間は、順風満帆に進んできた人間よりも強いです。桃田賢斗選手には、これまで失った分以上に取り返せるように頑張ってほしいところです!

以上、「桃田賢斗とカジノに出入りした俳優は遠藤要?馬乗りのスナックママとの関係は」でした。