暮らし

ながら運転の厳罰化はいつから?罰則や点数、罰金はいくらになる?!

携帯やスマートフォンで電話をしたり、画面を見ながら車を運転する「ながら運転」が、厳罰化されるをの知っていますか?

車を運転する人のほとんどは注意していると思いますが、後を絶たないのが現状だそうです。

そこで今回は、「ながら運転」が厳罰されるのはいつからなのかや、それに伴って罰則や点数、罰金はいくらになるのかをまとめたいと思います。

運転をする人は、しっかりチェックしてください。

ながら運転の厳罰化とは

車の運転中に携帯やスマートフォンを使用する「ながら運転」をすると、周囲の危険を発見することができません。

そうすると、歩行者や他の車に衝突するなどしてしまい、重大な交通事故につながります。

道路交通法では、このような「ながら運転」を禁止しています

警察庁の調査によると、2018年の「ながら運転」による交通事故件数は、2,790件で過去5年間で約1.4倍に増加しているそうです。

2019年の上半期で1262件、うち死亡が14件、重症が80件あります。

また、取締りに関しては、全体で年間約600万件の取締りを行っている中、「ながら運転」については年間約80万件以上で、全体の14%近くに及ぶそうです。

取締りを強化しているのにも関わらず、「ながら運転」が少なくどころか増加傾向にあるのはとても危険な状況です。

死亡事故も絶えないことから、「ながら運転」の厳罰化が実施されることになりました。

ながら運転の厳罰化はいつから?

ながら運転の厳罰化は2019年12月1日から実施されます。

これは、2019年1月の「ながら運転」の罰則強化も取り入れた道路交通法の改正案が閣議決定されたためです。

そもそも「ながら運転」はどういう状況のことか理解しているでしょうか?

携帯やスマートフォンがダメなことは分かっていると思いますが、実はカーナビもダメなんです。

現在の車は、走行中にカーナビの操作ができないようになっています。

でも、信号待ちのときに操作したり注視したりして、信号が青になっても進まなかったりすると違反になる可能性があります。

携帯電話など使用するときは駐車場などに停まってから操作し、走行中はドライブモードにするなどの対策をしましょう。

また、車によってはハンズフリーに対応しているものもあるので活用しましょう。

カーナビについては事前にルートを設定・確認し、走行中は注視しないようにしてください。

ながら運転の罰則や点数、罰金はいくらになる?!

厳罰化前の「ながら運転」の罰則などについて見てみましょう。

【携帯電話使用等(交通の危険)】

  • 罰則 3月以下の懲役または5万円以下の罰金
  • 反則金 大型12千円、普通9千円、二輪7千円、原付6千円
  • 基礎点数 2点

【携帯電話使用等(保持)】

  • 罰則 5万円以下の罰金
  • 反則金 大型7千円、普通6千円、二輪6千円、原付5千円
  • 基礎点数 1点

では次に、厳罰化された後の罰則などについて見ていきます。

厳罰化【携帯電話使用等(交通の危険)】

  • 罰則 1年以下の懲役または30万円以下の罰金
  • 基礎点数 6点

厳罰化【携帯電話使用等(保持)】

  • 罰則 6月以下の懲役または10万円以下の罰金
  • 反則金 大型25千円、普通18千円、二輪15千円、原付12千円
  • 基礎点数 3点

見てもわかるように、違反点数と反則金を約3倍に引き上げ、懲役刑も重くなっています。

違反点数が6点ということは、即免許停止です。

また、「交通の危険」の反則金もなくなり、すべて刑事罰が適用されることになります。

これも「ながら運転」がなくなるため、交通事故がなくなるためなので、しっかり理解しましょう。

ながら運転の厳罰化はいつから?罰則や点数、罰金はいくらになる?!まとめ

  1. 道路交通法では、重大な事故につかがる「ながら運転」を禁止している
  2. ながら運転の厳罰化は2019年12月1日から実施される
  3. ながら運転では、携帯やスマートフォン、カーナビの操作や画面の注視がダメ
  4. ハンズフリーやドライブモードを活用する
  5. 厳罰化後は、違反点数と反則金を約3倍に引き上げ、懲役刑も重くなっている
  6. 「交通の危険」の反則金はなくなり、すべて刑事罰が適用される

「ながら運転」は元々禁止されている行為ですので、しっかり交通ルールを守っていれば関係ない話だと思います。

でも、後を絶たないことからも、自分の周りでも「ながら運転」をしてしまっている人がいるかもしれません。

「ながら運転」が厳罰化されることを周知したりして、少しでも周りから「ながら運転」がなくなるようにしたいですね。

我が家ではハンズフリーを使用していますし、カーナビを見るような場所に行くときは同乗者がいるので、同乗者がカーナビを操作・確認して運転手はカーナビを見ないようにしています。

運転に自信がある人ほど「ながら運転」をしてしまいがちだと思いますが、事故を起こしてしまってからは遅いです。

しっかりとルールを守って安全に運転をしましょう。

以上、「ながら運転の厳罰化はいつから?罰則や点数、罰金はいくらになる?!」でした。

error: Content is protected !!