スポーツ

那須川天心VS亀田興毅はどっちが勝つ!?ネット・2chの予想は?


2019年6月22日、那須川天心と亀田興毅のボクシングのスペシャルマッチが行われることが発表されました。

ジャンルは違えどボクサー界の新旧の人気者による闘いということで、ボクシングファンを中心に期待値大の試合となっています。

那須川天心も亀田興毅も、それぞれに輝かしい戦績を持っているということで、この試合でどっちが勝つのかということが大いに注目されています。

今回はこのスペシャルマッチの試合予想を、様々な人の意見を基にご紹介していきたいと思います。

那須川天心のプロフィールと戦績

まずは那須川天心のプロフィールと、彼のこれまでの戦績についてご紹介していきましょう。

那須川天心は1998年8月18日生まれ、千葉県の出身です。

小学生の頃から運動神経抜群で、小学校6年間マラソン大会で1位を獲り続けていたそうです。

5歳の頃から極真空手を習い始め、猛練習の甲斐あってメキメキと頭角を現していきます。

2008年に行われた空手の全国大会では悲願の優勝を果たし、その翌年開催された極真空手のジュニア世界大会では優勝をしました。

那須川天心がキックボクシングを始めたのは、彼が小学6年生のとき。

テレビでK-1での魔裟斗の試合を見たことをきっかけに、彼に憧れキックボクシングを始めたんだとか。

元々空手をしていたこともありその経験が活きる部分もあったようで、キックボクサーとして頭角を現すようになるまでにそれほど時間は要しませんでした。

プロのキックボクサーとなってから現在までの戦績は、30試合全勝です。

そのうち23試合はKO勝ちをしています。

今となっては「神童」や「キックボクシング史上最高の天才」との異名を持つまでになった、今大活躍中のキックボクサーです。

亀田興毅のプロフィールと戦績

次に亀田興毅のプロフィールと、彼のこれまでの戦績についてご紹介していきましょう。

亀田興毅は1986年11月17日生まれ、大阪府の出身です。

幼少期から、三兄弟でボクシングをしているということでメディアに多数取り上げられ、プロとなる前からかなり注目されていました。

亀田興毅も那須川天心同様に元々は空手をしていましたが、小学5年生のときに父親からボクシングを教わり始めます。

中学を卒業するまでは空手とボクシングを並行してやっていましたが、中学卒業と同時にボクシングに専念することとなります。

ボクシングに完全に転向してから間もなくして、数々の試合で優勝しています。

亀田興毅17歳の誕生日にプロボクサーとなり、引退までに35試合戦ってきました。

33試合で勝ち、そのうち18試合ではKO勝ちをしています。

2015年10月16日に行われた河野公平との試合で敗れ、引退を表明。

現在は亀田プロモーションの代表取締役社長を務める、実業家です。

那須川天心と亀田興毅はどっちが勝つのか…Twitterや2ch予想は?

那須川天心と亀田興毅のスペシャルマッチが放送されるのは、これまでにも何度かボクシングの試合を企画・放送してきたAbemaTV。

キックボクサーではあるが現役選手で無敗の那須川天心、現在は引退しているが現役時代には日本人初の3階級を制覇した王者の亀田興毅。

どちらが勝つのかということが大変注目されています。

多く見られたのは、こんな意見でした。

亀田興毅が「現役時代なら」勝っていただろうな、という意見が非常に目立ちました。

元世界王者とは言え、現役時代とはやはり身体つきや動きの俊敏さというのは当時と比べ必然的に劣っていると思われます。

これは2ちゃんでもTwitterでも同じ意見が多くみられ、昨年末にメイウェザーの前にまったく歯がたたなかった那須川天心ですが、亀田興毅のブランクは厳しいものがありそうです。

その大きなハンデが亀田興毅にはあることから、このような意見が頻出しているようですね。

個人的には亀田興毅が仕上げてくればボクシングなら勝ちもあるな・・と踏んでいます。

「那須川天心VS亀田興毅はどっちが勝つのか!?みんなの予想は?」まとめ!

  1. 那須川天心は30試合全勝している、現役のプロキックボクサー
  2. 亀田興毅は現役時代35戦中33勝し、日本人初3階級を制覇した元プロボクサー
  3. 那須川天心と亀田興毅の試合は、那須川天心が勝つと予想する声が多いように見受けられる

実力者であるふたりの試合ということで、試合の行く末が非常に気になります!

果たしてどちらが勝者となるのでしょうか!?

以上、「 那須川天心VS亀田興毅はどっちが勝つのか!?みんなの予想は?」でした。

error: Content is protected !!