注目人物

能年玲奈(のん)ユニクロCMがスタイル良すぎ!天才女優が干された理由って何?

引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/253784/car/506600/3684209/2/photo.aspx#title

能年玲奈(のん)といえば、朝ドラ『あまちゃん』で主演を務め大ブレイクした女優。

当時、共演者や視聴者が口を揃えて「天才!」と大絶賛するほど、彼女の演技に魅了されていました。

でも、最近あまりTVで見ることがないですよね。

あれだけの人気だったのに、なぜ全然出てこないの?となり「干された」なんて噂もある、のんこと能年玲奈。

そんなのんが、あのユニクロのCMに抜擢されたということで話題になっています。

能年玲奈(のん)がメディアからすっかり干された理由などもみていこうと思います。

それではご覧ください。

能年玲奈のユニクロCMとは

2019年8月22日から全国放送のユニクロ「カーブパンツ」のCMに、女優ののんが起用されることになりました。

カーブパンツを着用したのんが野球場のマウンドでカーブを投げるというシュールな内容です。

ユニクロ「カーブパンツ」のCM動画がこちら↓

可愛いというイメージがあったのですがとても綺麗になった気がします。

そして目が綺麗!!瞳がキラキラしているのは全然変わらないですね~!

のんはこのCMについて、「ユニクロのカーブパンツでマウンドに立ってカーブを投げるというシャレの効いたCMに参加できて楽しかった」と語っています。

また、CMに使われている椎名林檎の曲「確かな誇り」が最高すぎる!と絶讃していました。

なぜユニクロがCMでのんを起用したのかというと?

「新たな挑戦を続ける開拓者なので、美脚の概念を変えるユニクロのカーブパンツを力強く表現してもらいたいと思い起用した」

とユニクロのPRチームが説明しています。

たしかにいつもテレビで引っ張りだこの女優を起用するよりも、「挑戦、とか開拓者」にのんはぴったりかもしれません。

見た目は普通の美少女なのになぜだか芯の強さと個性を感じるのは私だけではないはず。

そして、あまちゃんのときはあまり感じたことがなかったのですが、とてもスタイルが良い!ユニクロがのんを起用したのも納得です。

→タマホームのCMが話題!氷川きよしがおばさん化?オネエ化してる?

能年玲奈の天才的な女優としての魅力

「朝ドラ歴代ヒロインランキング」で堂々の1位

2019年4月に文集オンラインが行ったアンケートでは、圧倒的な票を獲得し能年玲奈(のん)が1位に選ばれました

「じぇじぇじぇ」は流行語大賞にも選ばれるほどの大人気。

ちなみにランキングはこちら↓

  1. 能年玲奈「あまちゃん」
  2. 波留「あさが来た」
  3. 有村架純「ひよっこ」
  4. 安藤サクラ「まんぷく」
  5. 尾野真千子「カーネーション」

能年玲奈は「朝ドラを変えたヒロイン」「能年玲奈じゃなきゃあんなブームにはならなかった」など、能年玲奈が逸材だったという声がたくさんありました。

あまちゃん最高視聴率は驚異の27%

2013年に放送され能年玲奈の代表作といえるNHKの朝ドラ「あまちゃん」。

  • 番組平均視聴率は20.1%
  • 最高視聴率は27%

朝ドラは視聴率がとれて当たり前だなんて思っていませんか?いやいや実は最近でこそ平均20%を普通に超えてくる朝ドラですが、2013年のあまちゃん以前は20%を超えることは珍しかったんです。

あまちゃん以前に20%を超えたのは2006年の「芋たこなんきん」で実に7年ぶり、その前は2003年の「てるてる家族」までさかのぼり、更にそれ以前は20%超えが当たり前の時代でした。

NHKの朝ドラは1980年から1990年頃がピークで平均が30%を超える黄金時代だったんです。それから徐々に衰退していき、いつしか20%にも届かない低迷時代へ突入。

そんなとき能年玲奈主演のあのあまちゃんが再び朝ドラ人気に火をつけました。

  • ごちそうさん
  • 花子とアン
  • マッサン
  • まれ

朝ドラを見ていない人でもあまちゃん以降の作品は聞いたことがあるでしょう。それだけ朝ドラ人気が復活したということ。

「あまちゃん」は宮藤官九郎監督のコミカルな演出に加え、田舎の女の子の成長ぶりを見事に演じ、国民のハートを鷲掴みにした能年玲奈あっての作品でしたね。

アイドルグループが大流行したのも能年玲奈率いる「GMT」の影響が大きかったかな。

当時はまだまだ知名度の低い有村架純や松岡茉優もあまちゃんから一気に飛び立ちました。

ところが能年玲奈は・・

能年玲奈が干された理由

契約事務所とのトラブルと「圧力」か

能年玲奈はデビューからレプロエンタテインメントという事務所に所属していましたが、この事務所と事実上「対立」する騒動になったのです。

もともと憧れの女優は国民的人気女優:新垣結衣だった能年玲奈は、オーディションを介して新垣結衣と同じレプロエンタテインメントに所属することが叶ったのです。

そしてあまちゃんの大ヒットを受けて、文字通りテレビにCMに引っ張りだこ。

ところが2015年に能年玲奈がレプロエンタテインメントとは別に個人事務所を立ち上げたと報じられたことが事件の始まりです。なぜ売れっ子で順風満帆な能年玲奈が個人事務所?それにはこんな理由が

  • 洗脳
  • 事務所方針への反発

能年玲奈が干された理由は「洗脳」?

個人事務所の取締役は能年に演技指導をした劇団「the Misfits」(ザ・ミスフィッツ)主宰の滝沢充子が務めていました。

この滝沢充子は能年玲奈へ演技指導だけでなく仕事もプライベートでも深い関わりを持つ存在だったといいます。

当時22歳で多感な時期、芸能界に入ってまもなく売れっ子になった能年玲奈が頼りにしている恩師に左右されるのはなんだかわからなくもないが・・ですがスポーツ紙が一面で報じた「洗脳騒動」は後に能年玲奈も能年玲奈の母親も否定しています。

そうなるとやはりお金?

干された理由は事務所との確執か

洗脳の他に個人事務所を設立した理由として言われたのが、契約関連の問題。

出演したい番組をことごとく事務所に却下されたり、給与面での不満があったのか詳細部分はベールに包まれているが、問題なのは契約トラブル以後の長い長い戦いでした。

一時はテレビやCMから姿を消した能年玲奈ですが、人気は衰えず実はオファーを受ける仕事は多かったんです。

でもレプロエンタテインメントは「能年玲奈」という名は事務所の物だから個人事務所で女優名として使わせないとしたんですね。結果的に能年玲奈は自分の名前を「のん」に改名。

そもそも改名とかいう前に能年玲奈は本名も能年玲奈だから使わせないのはおかしいんじゃない?!と思いませんか。

さらに「のん」に改名したあともなかなか表舞台に姿が見えない。これは元SMAPの3人がジャニーズ事務所に圧力をかけられテレビに出れなくなっていた問題と類似だと言われています。

新垣結衣が所属する事務所ですから業界では強い力があるのは間違いなし。

2019年現在も、のんの活動はオファーがあるのにいざ契約しようとすると「なかったことに」という事態が頻繁に起きているそう。

今回の、のんのユニクロCMは業界復帰に一気に拍車をかけるのでは?!と思っています。

まとめ

  1. 能年玲奈こと「のん」がユニクロのCMに出演
  2. のんが可愛いからキレイになっている!
  3. のんの魅力はやっぱりあまちゃん。
  4. のんはレプロエンタテインメントと契約でトラブルが起きた
  5. 能年玲奈として個人事務所を設立していた
  6. 能年玲奈は一時期、洗脳されてると報じられた
  7. 能年玲奈の名前を使うことが許されなかった
  8. のんが干された理由はレプロエンタテインメントとの確執が原因

能年玲奈が干された理由には明らかに周りの大人達が関わっていると思います。

のんが個人事務所を設立したことや改名が報じられると、能年玲奈1人が独断で行動しているかのように感じますが、きっと年齢的にはそれは無いでしょう。

今回のユニクロcmをきっかけに女優として再ブレイクを見せることを期待しています!

以上、能年玲奈(のん)ユニクロCMのスタイル良すぎ!天才女優が干された理由って何?でした。