スポーツ

奥川恭伸の父親や兄弟が凄い!山瀬と親子で高校からバッテリー?!

春の風物詩のひとつとも言える「春の選抜高校野球大会」。

夏の選抜高校野球大会程は注目されませんが、それでも多くの高校野球ファンがその時期を楽しみに待っているわけです。

2019年の春のセンバツでは、大会1日目から「今大会イチの好カード」と言われるほど注目される戦いが繰り広げられました。

近畿地区の代表である履正社高校と北信越地区の代表である星稜高校による試合。

どちらも強豪校と言われている高校なので、どちらに軍配が上がるのか注目が集まりました。

結果は星稜高校が2勝ったわけですが、その試合結果以上に注目されたのが 奥川恭伸投手。

この試合では早速自己最速を記録したというから驚きです。

今回は注目選手である奥川恭伸の、父親や兄弟について調べてみました!

奥川恭伸のプロフィールをご紹介!

まずは奥川恭伸の基本的なプロフィールからご紹介していきたいと思います。

2001年4月16日生まれ、石川県かほく市出身です。

21世紀生まれであるということに驚きを隠せません(笑)

身長は183cm、体重82kgという大柄な体格から繰り広げられる迫力ある投球が見所の投手です。

小学3年生のときから、地元の少年野球チームに所属し野球を始めています。

中学生になると中学校の軟式野球部に所属し、中学3年生の時には 全国中学校軟式野球大会で優勝した経験もあるほど。

中学校も野球の強豪校であったということが窺えます。

そして、星稜高校に入学後は硬式野球を始め、なんと1年生の春のセンバツからベンチ入りしていました。

奥川恭伸が2年生の時には、春夏連続で甲子園に出場しています。

強豪校と言えども、これはとてもすごいことです。

また、その年には U18日本代表に選出されており、2年生で選ばれたのは奥川恭伸が唯一ということでした。

それほど、ずっと注目されてきた選手であると言えますね。

奥川恭伸の父親や母親、兄弟はどんな人?

奥川恭伸は、父親・母親・お兄さんの4人家族です。

お母さんに関しては全く情報が出てこなかったのですが、父親やお兄さんについては色々な情報が見付かりました。

まずお兄さんは、 奥川恭伸より7歳年上であるということが分かりました。

つまり、奥川恭伸が春のセンバツで注目された2019年の時点では既に社会人である可能性が高いです。

弟がこれだけ活躍していれば、お兄さんもきっと鼻高々でしょうね!

そして、お父さんは2019年春のセンバツ第一試合に応援に来ているところをテレビに撮られていたので、「見た!」という人も多いかもしれません。

このときお父さんの隣にいたのが、奥川恭伸が 小学校4年生のときからバッテリーを組んでいる山瀬慎之助捕手のお父さん。

実は、奥川恭伸のお父さんと山瀬慎之助のお父さんは共に同じ高校で野球をしていた仲だったというから驚きです。

互いの息子が同じ高校でバッテリーを組み、優勝に向かって頑張っているだなんて…

なんだか運命的なものを感じますよね!

奥川恭伸のお父さんが元高校球児ということで、奥川恭伸はそこから影響を受けて野球を始めたのかもしれません。

更に言えば、お兄さんもお父さんから影響を受けて野球をやっていたかもしれませんし、 もしそうだったとすれば奥川恭伸はお兄さんからも影響を受けていたかも?

特に情報が出てこなかったお母さんですが、強豪校でずっと野球を頑張ってきた 奥川恭伸を支えてきたという点では、母親として計り知れない苦労があったと思います。

奥川恭伸の父親や兄弟が凄い!山瀬と親子で高校からバッテリー?!まとめ

  1. 奥川恭伸は2001年生まれの石川県かほく市出身で、小学3年生から野球を始めていた
  2. 星稜高校入学後は、1年生の春からベンチ入りしていた
  3. 高校2年生の時にはU18日本代表に選出されていた
  4. 奥川恭伸は父親・母親・7歳上の兄の4人家族
  5. 父親は元高校球児で、奥川恭伸がバッテリーを組んでいる山瀬慎之助の父親と一緒の高校で野球をしていた

実は私も、高校野球強豪校と呼ばれる学校の出身で、在学中には何度も甲子園に応援に行っていました。

なので、毎年高校野球の強豪校の選手には注目しており、もちろん 奥川恭伸も注目選手のひとりでした。

高校野球の選手としてももちろんですが、今後プロになるのかというところも注目していきたい選手ですよね!

以上、「奥川恭伸の父親や兄弟が凄い!山瀬と親子で高校からバッテリー?!」でした。

error: Content is protected !!