スポーツ

及川雅貴の球速やフォーム!あだ名はおよよで中学3年の記録が凄い!

2019年春の選抜高校野球大会に出場する、横浜高校のとある選手が大注目されているのをご存じてすか?

その選手とは、エースとして将来が期待されている 及川雅貴です。

彼は球速が早いことだけでなく、フォームがとても綺麗であることでも注目されています。

今回はプロや球界からも熱い眼差しが向けられている 及川雅貴について調べてみました!

彼のニックネームは意外にも「およよ」なんですよ、知ってましたか?

及川雅貴のプロフィール

まずは、 及川雅貴について基本的なプロフィールからご紹介していきたいと思います。

2001年4年18日生まれ、千葉県匝瑳市の出身です。

中学校までは地元・匝瑳市の学校に通っていました。

野球は小学3年生のときに、地元の少年団チーム「須賀スポーツ少年団」で始めました。

ちなみにこのときは軟式野球です。

このときから及川雅貴の野球のセンスは既に光っていたようで、彼が小学6年生のときには千葉ロッテマリーンズのジュニアチームのセレクションに合格していました。

そして中学校に上がると同時に、地元のシニアチーム「匝瑳シニア」で硬式野球を始めることとなったのでした。

現在身長は183cmあるとのことなのですが、中学3年生のときには既に181cmもあり、ストレートの球速は138km/hを記録していたというから驚きです。

このときから既に、まわりとは頭ひとつ抜けていたんだということが分かりますね。

そして、高校は野球の強豪校である横浜高校に進学。

「高校BIG4」の及川雅貴の別名はおよよ?

高校野球会のなかでも突出した才能の持ち主であり、プロや球界からは注目されている及川雅貴。

そんなことから、「高校BIG4」のひとりとも言われています。

この「高校BIG4」には及川雅貴の他に

  • 奥川恭伸選手(星稜高校/石川県)
  • 佐々木朗希選手(大船渡高校/岩手県)
  • 西純矢選手(創始学園高校/岡山県)

がいます。

また、彼は150km/hの豪速球を左腕から繰り出すことから、野球ファンの間では「菊池雄星2世」とも言われているんだとか。

野球の腕がピカイチだからこそ、このようなかっこいい呼び名が定着しているわけですが、実は彼には可愛らしい呼び名もあるんです。

それは、「およよ」!

間違われやすいのですが、彼の名前「及川雅貴」の読み方は、「およかわまさたか」。

苗字の「およかわ」が派生して「およよ」になったのでしょうね。

及川雅貴は球速やフォームがすごい!

及川雅貴の魅力と言えば、なんといっても150km/hを超える速球や綺麗すぎるフォームです。

私自身、野球に精通しているわけではないのですが、及川雅貴のフォームが綺麗であるということは素人目にも分かるほどでした。

ところが彼自信はまだまだ納得できていないようで、スポーツ誌のインタビューに対して「安定感をつけたい。球の質を上げたい。」という風に話していました。

どこまでも向上心がある、すごい選手ですね。

そして気になる球速ですが、現在の最高球速は2018年11月23日に記録した153km/hです。

まだまだ記録を更新する余地がありそうな選手なので、今後の試合が楽しみですよね。

「及川雅貴の球速やフォームに大注目!呼び名は「およよ」…!?」まとめ!

  1. 及川雅貴は2001年生まれ、千葉県匝瑳市の出身だった
  2. 野球は小学3年生から始めており、このときは軟式野球をしていた
  3. 中学では地元のシニアチームに所属し、ここから硬式野球に転じた
  4. その野球の腕前から「高校BIG4」のひとりと言われている
  5. 及川雅貴のニックネームは「およよ」だった!
  6. 及川雅貴は150km/hを超す球速と綺麗なフォームが魅力的と言われている

既にプロ野球界からも大注目されているという及川雅貴。

その重圧に押し潰されることの無いように、自分のスタイルを貫いて頑張っていってもらいたいですね。

以上、「及川雅貴の球速やフォーム!あだ名はおよよで中学3年の記録が凄い!及川雅貴」でした。

error: Content is protected !!