暮らし

「パパ活」「援助交際」検索に警告文はいつからで内容は?子供のSNS被害防止策【大阪】

引用元:http://yahoonewss.blog.jp/archives/5408486.html

大阪府は2019年に起きたツイッター誘拐事件をきっかけに、スマホ警告文を送る方針を固めました。

近年、SNSツールを利用する機会が小学生でも増えてしまったことが背景にあります。

大阪府で試みている内容ですが、全国的には非常に珍しい内容となっています。

そこで今回は、「パパ活」「援助交際」検索について詳しく調べましたので、ぜひご覧ください。

  • 「パパ活」「援助交際」検索への警告文はいつから?
  • 「パパ活」「援助交際」検索への警告文の内容は?
  • 「パパ活」「援助交際」検索に警告文で子供のSNS被害防止策:大阪での試み

「パパ活」「援助交際」検索への警告文はいつから?

引用元:https://snjpn.net/archives/178828

「パパ活」「援助交際」検索への警告文はいつから?かについてはまだ未定です。

2020年2月現在、大阪府は未成年者へのわいせつ行為を禁止する条例について、適用範囲を広げる方針を、府議会に提出する予定とされています。

「パパ活」「援助交際」検索への警告文を出す予定となっていますし、スマホなどの携帯保有者が多い分、今年中にできるのか?ということが考えられます。

「パパ活」「援助交際」検索への警告文:世間の反応は?

「パパ活」「援助交際」検索への警告文の世間の反応ですが、

  • 検索する人と、投稿する人の両方に同時に警告文を出さないと意味がないのでは?
  • 警告文よりも、犯罪が起きた時の厳罰化が1番有効では?
  • 未成年者であっても善悪の判断は出来るのでは?成人だけが罰を受けるのはおかしい。未成年者も厳罰を受けるべきでは?

などの反応が多いです。

警告文に留めず、厳罰化や未成年者へのある程度の罰則が必要なのではないだろうか?という意見が多いです。

「パパ活」「援助交際」検索への警告文:実現は難しい?

「パパ活」「援助交際」検索への警告文:実現は難しい?と噂されています。

  • 携帯電話保有者の多さ
  • 全員が自分の名義、親が保証人として携帯を持っているのか?
  • 検索キーワードで警告文を出すというのは、大阪に居る人限定なのか?それとも、大阪で契約をした人なのか?

など、まだ警告文を出しますという内容しか公表されていないため、難しいと感じている人が多いのでしょう。

もちろん、行政だけの取り組みではなく、警察や携帯電話会社との連携も必要不可欠です。

詳細については、今後明らかになってくるでしょう。

「パパ活」「援助交際」検索への警告文の内容は?

「パパ活」「援助交際」検索への警告文の内容についてですが、文章の公表はされていません。

ですが、

  • 利用者の検索履歴や年代
  • 利用者の性別など

を基準にし、ネットの広告機能でスマホなどの画面に表示させるという内容は公表されています。

ですが、この内容を知った人であっても、広告機能だけで意味があるのか?抑止力に繋がるのか?ともいわれています。

投稿する側への警告文がないのか?という声もあがっています。

「パパ活」「援助交際」検索に警告文で子供のSNS被害防止策:大阪の試み

「パパ活」「援助交際」検索の警告文で子供のSNS被害防止策を大阪が試みています。

もしかすると、この子供のSNS被害防止策はうまくいかない可能性もあります。

ですが、試みること自体に意味があるのではないでしょうか。

SNSでの事件が非常に増えている今、何もせずにいるよりは失敗しても抑止力に繋がるように社会全体で考える必要があるのだと思います。

最初から完璧な条例を作ることは、都道府県単位では難しいこともあるでしょう。

ですが、大阪の試み自体は個人的には賛成出来ます。

まとめ

  1. 「パパ活」「援助交際」検索の警告文はいつからか?は公表されていないが、大阪府は適用範囲を広げる方針を、府議会に提出する予定となっている
  2. 「パパ活」「援助交際」検索の警告文の内容は、ネット広告を利用してスマホなどの画面に表示させるとなっている
  3. 「パパ活」「援助交際」検索の警告文に子供のSNS被害防止策:大阪の試みは全国では異例だが、SNS犯罪が増えている今、行わなければいけないことである

大阪の試みについては、今後も目が離せません。

本来、親や周りが気付いて止める事が出来れば良いでしょう。

ですが、親であっても思春期を迎える子供の全てを把握することには限界があるのも現実です。

  • 親がしっかりしていれば
  • 親の躾が良ければ

と言いますが、思春期の子を持つ親は皆、いろんな悩みを抱えています。

そこに対し、被害者・加害者の区別ではなく行政も関わっていき、社会全体で犯罪を無くしていこうということは、親にとっても心強いのではないでしょうか。

以上、「パパ活」「援助交際」検索に警告文はいつからで内容は?子供のSNS被害防止策【大阪】でした。

 

error: Content is protected !!