事件

進藤悠介の否認理由は弁護士か?埼玉小4事件で無罪を主張に憤りの声

引用元:https://kantaiki0219.com/進藤悠介のfacebook特定で出身高校や大学が判明%EF%BC%81生い

進藤遼佑くんが義理の父親である進藤悠介に尊い命を奪われた事件。

ここに来て「誰がやったか分からない」と供述を一転させ、容疑を否認しています。

当初は容疑を認めていたものの20日の検察の取り調べでは一転。突如否認した理由は何なのでしょうか。弁護士からの入れ知恵があったのか。

凶悪な埼玉小4事件で自らの無罪を主張し始めた進藤悠介に対して、強い憤りの声も。

真相はどこにあるのでしょうか。

進藤悠介が突如容疑を否認

逮捕直後、進藤遼佑くんに「本当の父親じゃないのに」と言われたことに腹を立て、犯行を犯した趣旨を非常に具体的に供述をしていた進藤悠介。

しかし、突如として容疑を否認し、「誰がやったか分からない」と言い始めたのです。

進藤悠介の突然の否認理由は弁護士?

進藤悠介が突如として供述を変えたのは、逮捕後に自分についた弁護士の入れ知恵があったからでは、と噂されています。

進藤悠介は実家がお金持ちという噂もあり、親が大金をはたいて腕のいい弁護士を雇ったとの声も。

進藤悠介が無職だったということもあり、実家がお金持ちというのは割と信憑性があるかもしれないですね。

真実は何も分からない状態ですが、なぜ一度は罪を認める発言をしたのか、というところも気になります。本当に進藤悠介が無関係で、ほかに真犯人がいるのだとすれば、誰なのか。

「母親の関与があったのでは」という意見も中にはありました。真実が明らかにならない限り、あらぬ方向に話が展開する可能性もあります。それだけに、一刻も早い真相の究明が待たれるところです。

進藤悠介の起こした埼玉小4事件

ここで事件の概要を簡単に整理します。

9月17日午後進藤遼佑くんと進藤悠介が口論。その後犯行
9月17日夜母親が帰宅。遼佑くんの不在を心配し、進藤悠介に確認すると「英会話に出かけた」と回答
9月17日深夜マンションの水道メーターボックスから進藤遼佑くん発見
9月19日夜進藤悠介容疑者逮捕。容疑を認める供述。
9月20日検察の取り調べに対して、一転して容疑を否認。

ここまでが、分かっている内容です。しかし、本当の犯人が別にいるのだとすれば、最初の口論→犯行までの流れもなかったことに。

進藤悠介の無罪主張に憤りの声

世間の声としては、逮捕される以前から進藤悠介が怪しいと言われており、案の定逮捕。さらに32歳で無職、しかも再婚で養ってもらっているなど様々な事情が重なり、進藤悠介は多くの批判の声を集めていました。

それが、突然の無罪主張。一貫性のない主張、さらに信憑性の低い供述に、世間の声はさらに強まっています。

当然ですよね。しかし、私としては事実が確定するまでは意見を述べるのは差し控えようと思います。

ただ、万が一進藤悠介が犯人ではなかったとしても、これだけは言いたいということがあります。それは、義理であれ、大切な息子の命を守ることができなかった父親としての責任は大きい、ということです。

まとめ

この記事では、進藤遼佑くんが殺害された事件で逮捕された進藤悠介について、以下のようにまとめました。

  1. 進藤悠介は当初の取り調べから一転、事件への関与を否認する供述をしています。
  2. 進藤悠介の突如の否認には、弁護士の入れ知恵があったのではと言われています。
  3. 突然の供述の変化に対して、世間の厳しい声が次々に浴びせられています。

今ここで何を騒いでも、亡くなった進藤遼佑くんが戻ってこないのは紛れもない事実です。だからこそ、一刻も早く真相の究明に至ってほしい。事実が明らかにならない限り、多くの人たちが怖い思いをし続けなければならないわけですから。

以上「進藤悠介の否認理由は弁護士か?埼玉小4事件で無罪を主張に憤りの声」でした。

error: Content is protected !!