暮らし

消費税増税で影響はどの業種に出る?増税前後に有利な業種はアレだった!

買い物や飲食をする上で一番厄介なのが「消費税」ではないでしょうか。

住民税や所得税といった直接税と違って、間接税である消費税はたとえ子供であっても支払い義務が生じますからね。

平成も始まったころまでは消費税という制度はなかったはずなのに、3%の税率から始まり、気付けば8%まで上がっていました。

そして、2019年10月にはついに10%まで消費税が増税することが決まってしまっているのです。

この影響は私たち一般消費者のみならず、小売り業やサービス業などの様々な業態にまで出てくることが予想されます。

ではその影響というのは、具体的にどんなことが挙げられるのでしょうか。

消費税増税前はどんな業種に影響が出る?

消費税増税が決まり、実際に増税されるまでの間はどうしても消費者の購買意欲が高まるというもの。

「今のうちに安くで手に入れておこう!」ということで、一時的に景気は良くなります。

特にその影響を受けやすいのが住宅販売業者や自動車販売業者のような、いわゆる「大きな買い物」を売り物にしている業種です。

車や家となると、価格はどうしても数百万円から数千万円のものばかりになってしまいますよね。

たとえば100万円の車を買うにしても、消費税増税前に購入すれば108万円で買えるところが、消費税増税後になると110万円になります。

この2万円の差って、大きくないですか?

これが家になると、その差額はもっと大きなものになるということが容易に想像できますよね。

ということで、これらの業種は消費税増税前今が一番忙しい時期と言えるのですが、これは決していいことばかりではありません。

今このタイミングで家を購入する人が多いということは、大工仕事も一気に増えているということ。

ですが、大工さんの母数はこれまでと変わりませんから、それによるトラブルも色々と発生してしまっているのも事実としてあります。

たとえば人手も時間も足りないことから納期が遅れたり、手抜き工事が行われたり、ということです。

家なんて一生に一度の大きな買い物ですから、こんなトラブルに巻き込まれたらたまったもんじゃないですよね。

消費税増税10%でポイント還元制度!中小企業だけ対象で大手に打撃?

消費税増税後はどんな業種に影響が出る?

では一方、消費税増税後ではどんな業種に影響が出るのでしょうか。

消費税増税後は、消費者の購買意欲が一気に冷え込みますから景気も落ち込み加減になることが予想されます。

それは、基本的にはどの分野の業種にでも言えること。

しかし、圧倒的に有利になる業種があります。

それは、輸出業を行っている業種です。

輸出する場合、基本的には免税扱いになるからです。

つまり、商品の多くを輸出に頼っているような企業なんかは増税後かなり有利になるということが言えるのです。

また、先にご紹介した住宅販売業者や自動車販売業者にも有利に働く可能性があります。

というのも、消費税増税後は家や車を買うと国や自治体から数万円~数十万円ほどの補助金が支給されるような制度が出来上がる可能性が高いからです。

なので、これらの商品を消費税増税前に買うのか、消費税増税後に買うのかは悩める点ではあります。

「消費税増税で影響が出るのはどんな業種?増税前後に有利な業種はアレだった!」まとめ!

  1. 消費税増税前は販売価格の高い家や車を買う人が急激に増えるため、住宅販売業者や自動車販売業者といった業種が忙しくなるのが通例
  2. それに伴い人材不足に陥りトラブルの原因になることもある
  3. 消費税増税後は免税扱いになる輸出業に有利に働くようになる
  4. 消費税増税後に家や車などを買うと補助金が支払われる可能性があるので、その場合は住宅販売業者や自動車販売業者にも有利になることが予想される

消費税増税と聞くと、消費者・売り手共に損するような気がしますが、色々な制度や補助によって両者に有利に働くようになることもあります。

消費税増税に伴って、だれにどんな影響が表れるのかということはしっかりと勉強しておいた方がいいかもしれませんね。

以上、「消費税増税で影響はどの業種に出る?増税前後に有利な業種はアレだった!」でした。

消費税増税10%でポイント還元制度!中小企業だけ対象で大手に打撃? 2019年4月で平成の時代も終わることになりますが、平成に起こった大きな出来事のひとつが「消費税導入」ではないでしょうか。 ...