暮らし

ストロングゼロが悪酔いする理由【原因】頭痛回避はコレしか無い!

ストロングゼロで悪酔い

缶酎ハイとしておなじみのストロングゼロ。

2009年の発売以来、糖類ゼロということから非常に売れているのです。

売れている理由としては安いからと言われています。

実際、350mlのストロングゼロは1本あたり107円と安価です。

ですが今、ストロングゼロが悪酔いするのでは?などとネット上では言われています。そこで今回は、

  • ストロングゼロとは?
  • ストロングゼロ:悪酔いする理由や原因は?
  • ストロングゼロ:頭痛回避にはコレしか無い!

について詳しく調べましたので、ぜひご覧ください。

ストロングゼロとは

ストロングゼロは、糖質ゼロの缶チューハイ。

ゼロと聞くと、アルコールゼロと勘違いするかもしれません。

ですが、ストロングゼロとは糖質ゼロという意味なのです。

アルコール度数は9%と、チューハイの中では高い度数になっています。

そのほか、

  • 果実を皮ごと液体窒素で瞬間凍結をする
  • そのあと、粉砕してウォッカに浸す

という製法をしています。

ちなみにこの製法は、2011年に特許を取得しているほどなのです。

ストロングゼロが出来た理由は?

「居酒屋で飲む生搾りチューハイは何故美味しいのか」

ストロングゼロは、サントリーが作っているチューハイです。

サントリーは、居酒屋で飲む生搾りのチューハイを目指しました。

そして、特許を取るほどの製法を開発したのです。

ストロングゼロ:悪酔いする理由や原因は?

ストロングゼロ:悪酔いする理由や原因は、糖質ゼロだからです。

もう1つ、悪酔いをする理由や原因としてアルコール度数が高いことも言われています。

ストロングゼロは糖質ゼロにするため、人工甘味料を加えて果実の甘味を出しています。

ですが、人工甘味料は不純物と言われています。

そのため、悪酔いしやすい理由や原因になってしまいます。

また、アルコール度数は9%と、チューハイの中では高いのです。

ストロングゼロは非常に飲みやすいですよね。

なので、

  • 脂っこい食事と一緒に摂取してしまう
  • ジュースのように楽しんで飲める

など、うまい!とにかくうまい!キンキンに冷えたストロングゼロは最高~と。ついついたくさん飲んでしまいがちなのです。

そのため、悪酔いする理由や原因と言われています。

ストロングゼロでの悪酔いの症状は?

  • 赤面
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 脈拍数上昇

これが主な悪酔いの症状となっています。

ちなみに、悪酔いとは飲酒後2~6時間に症状が出ることです。

翌日に症状が出る場合は二日酔いと言われています。

ストロングゼロ:頭痛回避はコレしか無い!

ストロングゼロ:頭痛回避は自分の適量を知る、コレしか無いです。

悪酔いの場合は、いくつかの要因で起きてしまうのです。

ですが悪酔いは、

  • 飲まなければ起きない
  • 飲んでも適量であれば起きない

ですよね。

自分の限界を超えて飲むから、悪酔いが起きるのです。

なので適量を知ることが大切です。

→ストロングゼロ 飲むと太る?糖類ゼロの落とし穴【太らないためには】

もし悪酔いしそうになったら?

  • 水分と糖分を同時に摂る
  • 頭痛薬を飲む
  • ゆっくり飲む

この3点が非常に有効です。

チューハイを飲んでいるから水分は大丈夫と思いがちですよね。

ですが、

  • アルコール分解は肝臓で行われる
  • アルコール分解をするときには、水分を使う

そのため、水分を補わなければいけません。

なので、水やスポーツドリンクなどと一緒にストロングゼロを飲むと良いです。

まとめ

  1. ストロングゼロとは、糖質ゼロの缶酎ハイである
  2. ストロングゼロが悪酔いする理由や原因は、糖質ゼロとアルコール度数の高さである
  3. ストロングゼロの頭痛回避は自分の適量を知る、コレしか無い

ストロングゼロは非常に飲みやすいチューハイですよね。

安くて美味しいを極めた製品になっています。

ですが、飲み方を間違えてしまうと体調不良にも繋がってしまうのです。

楽しくストロングゼロを飲めるように原因や対策を知っておきましょう。

以上、ストロングゼロが悪酔いする理由【原因】頭痛回避はコレしか無い!でした。

error: Content is protected !!