俳優

高橋一生の学歴は青山?!出身中学から高校は堀越で大学はまさかの!

引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/16868567/

今や人気俳優ランキングの上位が常連となった高橋一生。

数多くのドラマや映画、特にCMで見ない日はありませんよね。

「探してみよう~AGC~」と甘い声がなんとも耳につくんですよね。

役の中でメガネをかけることもあるのですが、それがまた知的で素敵。

ということで今回は、高橋一生の気になる生い立ち、中学や高校、大学などの学歴について調べてみました。

やはり知的なイメージから高橋一生は相当なキャリアなんでしょうか?

その中で高学歴の噂や青山の付く学校の出身説など、気になることが分かってきましたのでぜひご覧ください。

高橋一生のプロフィール

ではまず、高橋一生についてみてみましょう。

なんとスリーサイズまで情報が出ていました、高橋一生は隠すものが何もないという感じです。

プロフィール

  • 生年月日:1980年12月9日
  • 出身地:東京都
  • 身長:175㎝
  • 体重:58㎏
  • スリーサイズ:B90、W72、H87
  • 肩幅:45㎝
  • 足のサイズ:26.0㎝
  • 血液型:O型
  • 特技:スケートボード、ギター、殺陣、ブルースハープ
  • 趣味:バスケットボール、ロッククライミング、バイク
  • 免許:普通二輪、普通自動車免許

高橋一生の経歴~きっかけは祖母

高橋一生は幼少期に祖母が色々な習い事をさせており、その一つに児童劇団がありました。

その劇団が定期的に行う発表会を見て、祖母が喜んでいることに感動した高橋は児童劇団を長く続けられたそうです。

1990年、「ほしをつぐもの」で映画初出演を果たします。

1995年にはスタジオジブリの「耳をすませば」で声優に挑戦しており、主要なキャラクター天沢聖司の声を演じています。

2015年テレビドラマ「民王」で貝原茂平を演じた時には、第1回コンフィデンスアワード・ドラマ賞と第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞でそれぞれ助演男優賞を受賞しました。

このドラマ「民王」がきっかけでブレイク。

2017年上半期ブレイク俳優ランキングで10代~50代男女対象それぞれの部門全てで首位を取りました。

2018年10月期からはなんと3期連続で連続ドラマの主演を務めていますよ。

良いことばかり!!と思いきや、そんな高橋一生にはこんな声も上がっています

→高橋一生の笑顔がうそくさい!ドラマの笑顔が怖い?【画像あり】

高橋一生の学歴は?

高橋一生は子役の頃から芸能活動をしていました。

勉強と仕事の両立はどうしていたのでしょうね。

では小学校からみてみましょう。

高橋一生の出身小学校は?

高橋一生が通っていた小学校は「東京都港区立青南小学校」です。

この小学校、実は東京の三代名門公立小学校と言われており、エリート進学校で有名な人気小学校なのです。

当時の青南小学校は全校生徒がわずか50人程だったそうです。

都心過ぎてその学区の子どもが少なかったということなのでしょうか。

その数少ないクラスメートの中に赤坂御所に関係している職員の子どもがいたそうです。

ですので小学校の頃の遊び場といえば赤坂御用地だったとか!?

ちなみに高橋一生の実家は港区赤坂にあるそうなので、きっとお金持ちのお家だったのでしょうね。

出身中学は?

高橋一生の出身中学校は「港区立青山中学校」です。

中学在学中にアニメーション映画「耳をすませば」で声優を務めていますよ。

なんだか中学が港区の青山中学ってかっこよすぎませんか?

田舎者にとっては中学の名前だけでなぜか負けてる感が・・おしゃれですね~。

高橋一生の出身高校はエスカレーターで青山?

高橋一生の出身高校は「堀越高等学校」です。

芸能活動と学業を両立できるトレイトコースへ進んでいます。

高校3年生の時に大河ドラマ「元禄繚乱」に出演しています。

この高校時代は高橋が、俳優としての自分をどんなキャラクターに設定するかを迷っていた時期なのだとか。

この頃には将来、俳優としての道を進むのを決めていたのでしょうね。

ちなみにこの堀越高等学校では、俳優の岡田准一と山崎裕太が同級生。

うかつに教室で鼻ほじったりできないですね。

高橋一生の出身大学は青山学院じゃないの?

高橋一生は大学進学をしていません。

てっきり中学が青山中学ということで、高校も大学も青学で見た目も学歴も華々しいんだろうなと思っていました。

ですが芸能活動に専念するためか大学進学はしていないんですね。

なので高橋一生の最終学歴は高校卒業となります。

高橋一生の学歴が青山学院の噂!原因判明しました

ここまでは高橋一生の学歴をみてきましたが、最終学歴は高等学校だという事が分かりました。

しかし、一部では高橋一生は高学歴だとか、青山の付く学校出身だとか噂されています。

それはなぜなのかと調べてみるとこんな事実が分かりました。

実は高橋一生という同姓同名の人が居て、その人が「国際基督教大学」にて学位号と修士号を取得していたのです。

ちなみにこの人の名前の読み方は「たかはしかずお」といい、漢字だけが一緒でした。

そしてもう1人、「東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程」を修了している人が居たのです。

その人も高橋一生と書き、「たかはしかずたか」と読むそうです。

同じ名前の人が2人とも高学歴であった為に、高橋一生が高学歴ではないか?という噂が立ったのですね!

そして、青山の付く学校出身ではないか?の噂は青山中学校出身だったことが原因だと考えられますよ。

それにしても「高橋一生」が3人も同姓同名がいて、さらに読み方が違うことにも驚きました。

頭脳明晰、イケメンで人気俳優、これは男の子には「一生」と名付ける親が急増するのではないでしょうか。そんなわけないか。

まとめ

高橋一生の学歴と青山の付く学校の出身疑惑について調べてみました。

  1. 高橋一生は港区赤坂に実家があり、子どもの頃から芸能界で活動していました
  2. 高橋一生の学歴は「港区立青南小学校」 「港区立青山中学校」 「堀越高等学校」の出身でした。
  3. 高橋一生の高学歴疑惑は同姓同名の事であり、青山の付く学校出身疑惑は中学校に青山が付いていた事が原因でした。

高橋一生といえば笑うと出来る、目じりのしわが優しさを強調しているようなイメージですよね。

しかし、実生活では父親が3人いて、兄弟は自分以外に4人、なんと実母との折り合いが悪かったそうなのです。

実母とは亡くなる寸前に和解したそうなのですが、そんな苦労話が過去にあったとは思えない容姿ですね。

以上「高橋一生の学歴は青山?!出身中学から高校は堀越で大学はまさかの!」でした。