暮らし

転職時の面接の服装チェック!タイツはダメは本当?損をしない服装選び

転職時の面接の服装で悩んでいませんか?

新卒の就職活動と同じ服装で大丈夫と思っている人は要注意です。

また、女性がスーツを着るときは、パンツとスカートどちらがいいのかも迷いますよね。

そこで今回は、損をしない転職時の面接の服装をチェックしたいと思います。

女性のタイツ事情までしっかり確認しましょう。

新卒と転職の面接で服装の違いはある?

あります!

「第一印象は6秒できまります。」

新卒時の面接は基本リクルートスーツなので、服装に迷うことはないですよね。

でも、転職時の面接は服装に決まりはありません。

それに、「私服でお越しください」と言われる場合もありますよね。

服装で迷うかもしれませんが、逆に言うと、ポイントを抑えていれば好印象を与えることができるんです。

例えば、スーツの選び方で言うと、新卒と比べて選べるデザインや色の幅が増えますよね!

自分に合った服装を選んで、好印象を与えられるようにしましょう。

転職時の面接の服装で最低限抑えるポイント

スーツでも私服でも当てはまることなので、まずはチェックしておきましょう。

清潔感を大切にする

清潔感は、面接において一番意識したいところです。

シワ・汚れ・色褪せ・型崩れなどがある服装は絶対にダメです。

タバコの臭いや汗の匂いにも気を付けましょう。

業界に合わせた服装をする

見た目に厳しい業界では、スーツが必須なこともあります。

その時は、スーツの色や形、髪形やメイクまで気を遣いましょう。

※アパレル系は、他社製品の服装は避けましょう。

ビジネスシーンであることを意識する

面接は自分を売り込むための場所と思いましょう。

ビジネスで大切なのはユーザーの意見です、よってあなたが面接官になったときに応募者がどんなイメージで映るか意識して選びましょう。

違和感のない自分に合う服装を選ぶことも大切です。

転職時の面接の服装はスーツか私服どっち?

転職時の面接の服装で最低限抑えるポイントを確認したところで、次はスーツにするのか、私服にするのかを選んでいきたいと思います。

「私服で」「カジュアルな服装で」と私服を指定された企業以外は、迷ったらスーツを選びましょう。

指定がない場合もスーツです。

次に、転職時の面接で着ることが多いスーツについて見ていきます。

転職時の面接でスーツを着る

スーツ

シンプルで清潔感のあるデザインのものを選びましょう。

黒・紺・グレーが一般的で、リクルートスーツっぽくないものがいいです。

また、30代以上の方にはベージュや薄ピンクという選択肢もあります。

ボトム

スカートの場合はひざ丈のものを選びましょう。

パンツの場合は、ヒールの付け根よりも数ミリ下に裾が来るようにします。

パンツはアクティブな印象を与えるので、営業職向けです。

スカートは女性らしさが出るので、事務職向けです。

受ける面接や自分に合うかどうかで、パンツかスカートかを選びましょう。

インナー

白または淡色のシャツまたはカットソーを選ぶと良いでしょう。

また、薄めのストライプも選ぶことができますね。

白の襟付きシャツに黒スーツは、新卒感が出てしまうので避けましょう。

転職面接時の服装「タイツ」事情

タイツじゃなくて、ストッキングを選ぶ!

タイツやストッキングには、デニールという濃さを表す数値があります。

このデニールが30以上をタイツ、それ以下をストッキングと言います。

タイツは厚いためカジュアルな印象を与えてしまうようです。

なので、寒くても肌色のストッキングを履くのが正解です。

寒いときはパンツスーツにするか、カイロを貼るなどの対策をしてください。

黒タイツ・黒ストッキングもダメ!

色はナチュラルな肌色を選びましょう。

黒はお葬式などを連想させ、縁起が悪いとされています。

一般常識ですが、ナマ足も絶対にダメです。

常識があることを示すためにも、ストッキングにまで気を使いたいですね。

転職時の面接の服装チェック!タイツはダメは本当?損をしない服装選びまとめ

  1. 新卒と転職の面接で服装の違いはある
  2. 転職時は新卒と比べて、選べるデザインや色の幅が増える
  3. 転職時の面接の服装で最低限抑えるポイント
  4. 清潔感を大切にする
  5. 業界に合わせた服装をする
  6. ビジネスシーンであることを意識する
  7. 転職時の面接でも、スーツを着ることが多い
  8. 新卒感が出ないことが大切
  9. タイツではなくストッキングを履く、色はナチュラルな肌色

第一印象は最初の6秒で決まると言われます。

6秒ということは、見た目・印象が重要ですよね。

見た目や印象は服装で決まると言っても過言ではありません。

少しでも清潔にTPOに合った服装をして、転職時の面接を成功させてください。

以上、「転職時の面接の服装チェック!タイツはダメは本当?損をしない服装選び」でした。