スポーツ

上原浩冶の妻と元カノの顔写真!驚きの交際歴に壮絶な野球人生

読売巨人軍の上原浩冶投手(44)が2019年5月20日、突如引退発表をした事が大変話題になっています。

この時期での引退表明は極めて異例で、また現在の日本プロ野球界での最年長投手がこの上原投手でした。

今回は上原浩冶選手の「華麗ともいえる」女性交際歴、

上原浩治の妻や元カノの顔写真に、その裏で壮絶な野球人生を歩んだ、上原投手の素顔に迫ってみたいと思いますので、さっそく見てみましょう。

上原浩冶の妻はレースクイーン!顔写真はある?

上原浩冶投手の現妻は元レースクイーンの美穂夫人です。結婚したのは2004年9月の事でした。流石人気球団である巨人の選手だけあって芸能マスコミもマークしていて、2003年に二人の熱愛が発覚していました。

その美穂夫人のレースクイーン時代の写真がこちらです。

売れっ子レースクイーンだった美穂さんは写真集まで出すほどの人気者だったそうです。

そんな美女をゲットした上原投手が羨ましい限りですが、実は出会って交際を始めたのは、既に美穂さんがレースクイーンを引退し巨人軍に関わる仕事をしていたのがきっかけと言われています。

上原浩冶投手と美穂さんは、結婚前の2003年夏に発売された「FRIDAY」で熱愛が発覚しました。しかし同誌には美穂さんと交際する前の元カノの事にも触れられています。

上原浩治の交際歴・美穂さんの熱愛の裏に元カノの存在あり?

誌面によると上原投手の元カノはなんとアテンダントでした。

2000年頃から交際していたという元アテンダントの女性とは、かなり真剣な交際で互いの両親も公認だったようですが、2003年の3月に破局したと報じられています。

その元カノの写真がないか探してみましたが、残念なことにアテンダントとはいえ一般女性だからか、見つかりませんでした。

ですが、春に破局して、その年の夏の報道では既に美穂さんと半同棲状態だったと言われています。いや・・・切り替えが早い上に一気に燃え上がったまさに「熱愛」という感じですね。

現在は息子の一真くんとの3人暮らしである上原投手。一真くんはお父さんの投げている姿をしっかりと焼き付けたようですね。

上原浩冶投手の壮絶な野球人生とは?

上原浩冶投手は1975年4月3日生まれ、大阪府寝屋川市の出身です。

小学校の時に父親が監督を務める少年野球チームで野球を始めましたが、進学した中学に野球部はなく、地元のリトルリーグに所属していました。

後に東海大付属仰星高校に進学。同期にライバルが多い中で、上原投手は初め外野手だったそうです。

3年の時に本格的に投手に転向するも、当時は全く無名な選手で上原投手自身も体育教師になる夢を叶えるために、大阪体育大学を受験するも不合格でした。

野球は続けており、野球をやりながら教師の道を目指したかったという上原投手はそこで浪人という選択肢をとりました。この時のトレーニングが後々後になって結果を出す原動力になったと言われています。

1浪した後、晴れて大体大に入学。野球部に入部して1年半ぶりに投げますが、浪人時代のトレーニングの成果が、球速や球威に表れていたそうです。そして数々の大会で好投し、プロからも注目される投手になっていきます。

 プロ入り直前とプロ入り後、メジャーへ

上原投手は中学と高校の体育教師の資格を持っていますが、大学4年頃になると上原投手は日本球界ではなく、メジャー志向になっており、既にMLBの球団からも声をかけられる中、巨人としてはどうしても上原投手を獲得するために、巨人ファンであった上原投手の父親を利用したと言われています。

上原投手は父親には逆らえなかったのか、当時のドラフトシステムで巨人を逆指名して1位で入団。当時の上原投手は「巨人はそこまでやる球団なのか」と内心思っていたといいます。

プロ入りしてからはルーキー時代にいきなり20勝を挙げるなど活躍。怪我などで不振な年もありましたが、入団7年目にはメジャー移籍志望を公言するなど、上原投手のメジャーへの夢は膨らむばかり。

そして2008年のオフ取得したFA権を行使、ようやくかねてからの夢だったメジャーリーグへと挑戦することになったのです。

メジャーデビューから突如の日本球界復帰、そして引退まで

オリオールズでメジャー生活を出発させるも、1年目はまた怪我に泣かされてほぼ登板の機会がありませんでした。

2年目以降も怪我に泣かされ、ここで上原投手はリリーフ陣に回ることになります。この作戦が功を奏したのか好成績を残し、同球団と1年間の延長契約を結びます。

その後レンジャーズにトレードされ、その3年間で上原投手はセットアッパーとして抜群の好成績を残します。

2013年、レッドソックスに移籍。本格的にリリーパーに転向した上原投手は抜群の成績を収め、チームもワールドシリーズへと進出。上原投手は好成績を挙げて胴上げ投手にもなり、日本人初のワールドシリーズMVPを獲得しました。

その後は年齢が40代に到達するも投げ続け、怪我と戦いながらの出場を繰り返していました。

2016年にカブスに移籍するも登板機会は殆どなく、オファーがなければ引退すると示唆していたものの、この年のオフに日本球界、しかも巨人入りを発表します。

当時のプロ野球ファンは驚いたものです。何故ならメジャーに行く際に巨人とも引きとめのもつれがあったからです。そして40代で投げ続ける意識が大変注目されました。

日本でも中継ぎ登板が多かったものの、チームの低迷により日本シリーズの切符を掴む事なく終わります。

そして2019年、引退発表となり「思い通りボールに力がなくなった」と唇をかみ締める姿が記者会見で見られました。

上原投手自身もまだ気持ちの整理がついてないのでしょうか・・・。

まとめ

  1. 上原浩冶投手の妻は写真集を出すほど人気者の元レースクイーン
  2. 現在の妻と交際を始める直前まで、アテンダントと交際していたが破局
  3. 確執がありながら巨人に入団するも後にメジャーで日本人で初めてワールドシリーズのMVPを獲得

上原浩冶投手の引退は大きな波紋を広げており、ファンの間では「引退試合はやらないのか」などの声があがっています。球界の功労者だけに、引退試合を行い送り出してあげたいところです。

また上原投手は交際していた、アテンダントと破局後、すぐに現在の妻・美穂さんと半同棲生活を送っていました。

プロ野球選手は手が早いと言われていますが、本当のところは分かりませんね・・・。

以上、上原浩冶投手の妻と元カノの顔写真!驚きの交際歴と壮絶な野球人生、でした。

error: Content is protected !!