事件

保元太志 wiki!【再犯】 練馬の公園トイレはどこ? 画像あり!

2019年4月15日、東京都練馬区で7歳の女児が性的暴行を受けたというニュースが飛び込んできました。

事件が起きたのは4月13日の午前8時半頃。

この事件で逮捕されたのは、27歳の無職の男、保元太志。

小学生の無抵抗な女児に卑劣な犯行を行ったということだけでも許されざるべきことなのですが、この男なんと再犯者だったのです。

今回は保元太志のwiki的プロフィールや画像、事件が起きた練馬区のトイレがある公園はどこだったのかということについてもご紹介したいと思います。

元練馬区民の記事です、どうぞ。

保元太志のwiki的プロフィールと画像をご紹介!

保元太志の誕生日は明らかになっていませんが、逮捕時の年齢は27歳。

報道のなかでは住所不定とされていましたが、出身地は東京都練馬区ということが分かっています。

ちなみに、初犯時の住所は東京都板橋区高島平であることから、練馬区や板橋区周辺が保元太志の生活圏内だったのではないかと思われます。

ネット上では既に保元太志のTwitterアカウントが特定されています。

アカウント自体は3年前の2016年5月8日が最後の投稿となっているため、最近の保元太志の様子を窺うことはできませんが、アカウント内には彼の画像が何枚か投稿されています。

偏見ではありますが、このような卑劣な性犯罪を犯す犯人といえば地味な男だったりする印象があるので、保元太志が意外と普通な若者であったことに驚きました。

事件が起きた練馬区の公園はどこ?

事件が起きたのは2019年4月13日の午前8時半頃。

投稿途中の女児に声を掛けているということで、なんだか計画的な犯行であるような気がします。

報道では「練馬区内の公園」という表現がなされているだけで、詳細な場所までは分かりません。

事件の起きた公園はどこだったのかということについてネットで調べてみましたが、有力な情報を得ることはできませんでした。

ただ、近隣に小学校がある大きな公園で言えば、「光が丘公園」があります。

広大な公園内には公衆トイレもいくつか設置されていますし、場所によっては人気の少ないところもあるので可能性としては高いと言えるかもしれません。

光が丘公園付近は近年ファミリー層が増えていっているような地域なので、このような事件が練馬区内で起きたということにショックを受けている親御さんも多いことでしょう。

保元太志は再犯者だった!初犯の内容は?

今回の事件自体も驚きの犯行内容でしたが、更に驚くべきは保元太志はなんと再犯者であったということ。

保元太志が初犯を犯したのが1年前の2018年3月のことでした。

東京都豊島区内で、高校3年生の女子生徒を追いかけ体を触るなどした罪で逮捕されています。

このときの犯行場所が豊島区池袋ということで、やはり彼の生活圏内は練馬区や板橋区を中心としたものであることが分かりますね。

初犯からたった1年で、しかもまた性犯罪で逮捕されている保元太志。

幼いこどもがいる母親の立場としては、一生刑務所から出てきてほしくない気持ちでいっぱいです。

「保元太志 wiki!【再犯】 練馬の公園はどこ? 画像あり!」まとめ!

  1. 保元太志は逮捕時27歳の、住所不定の無職だった
  2. 事件が起きた公園の詳細は明らかになっていないが、練馬区内にある「光が丘公園」の可能性も高い
  3. 保元太志は2018年3月にも性的暴行を加える事件を起こしており、再犯者だった

性犯罪者の再犯率が高いということが、今回改めて分かったような気がします。

このような悲しい思いをする人が少しでも減るように、性犯罪者への処罰などについてはもっとしっかり考えていってもらいたいものです。

以上、「保元太志 wiki!【再犯】 練馬の公園はどこ? 画像あり!」でした。